世界中の園芸家が愛してやまない、イギリスWhichfordPotteryのフラワーポットについて発信する個人ブログ


by whichford-love

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カテゴリ

全体
英国におけるW.Fの役割
フラワーポット作成
フラワーポットの紹介
W.Fのポットに出会える場所
the courtyard garden
寄せ植えの紹介
Keeling pottery
その他
ご案内
Whichford 2014
未分類

以前の記事

2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 08月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月

2011年 08月 16日 ( 1 )

フットリング

d0229351_9335657.jpg

Jim's Tom 411
英国の伝統的な鉢とされるロングトムに装飾されたポットと言える鉢です
雄ライオンと雌ライオンが儀式用台に向かい合っているというモチーフの
ルーレットで模様がつけられています。

410 h31㎝×w28㎝ 411 h40㎝× w36㎝ 412 h53㎝× w48㎝
413 h62 ㎝×w57㎝

d0229351_9335556.jpg

一般名:パイナップルリリー(Pineapple lily)
学名:Eucomis
科属名:ユリ科ユーコミス属
別名:ユーコミス(Eucomis)
原産地:アフリカ
草丈:30〜50cm(小型、低性種:ビコロール等)
   50〜100cm(中高型、中高性種)
開花期:7〜10月 花色:白・薄黄・紫紅・薄緑

d0229351_94151.jpg

このモチーフは古代ローマ時代の地中海沿岸の文明によく現れるそうですが
とくに、エルトニア(イタリア中西部地方の古名)のものとされているそうです。

大学で考古学を学んでしたJimさんのつくるフラワーポットには
古代のデザイン、装飾からヒントを得た素敵な作品がたくさんあります。
d0229351_19143494.jpg

Jim's Tom 410
ガーベラ オールドファッションなイメージですが春からぽちぽち
良く咲き今年のお気に入りです。
d0229351_9411367.jpg

Jim's Tom 413
大きなポットは花壇の中に入れてしまってもフォーカルポイントになります
d0229351_941456.jpg

Whichford pottery社のポットの特徴のひとつに鉢穴が大きいことが
あげられます。穴が大きな理由はいくつかありますが、
穴から地面に根っこが張ることで鉢に植えられた植物が根づまりする
ことなく生き生きと育ち元気に育つことらしいです。

お気に入りのデザインは気づいたら、小・中・大と揃っていました(笑)
d0229351_9411056.jpg

長年販売していて疑問に思っていたことはなぜ、このポットにJimさんの
名前がついているのだろうか??特別な思い入れがあるのだろうか??
昨年ポタリーを訪れたときにやっと答えを聞けました。
このポットがデザインされた頃、なんとジムさんしか作成することが
できなかったぐらい難しいデザインだったとのこと。それでJim's Tomと
命名されていたらしいです。フットリングとよばれる鉢の底まわり、
細かいデザインですよね。
d0229351_9433493.jpg

むかしむかしに購入したポット
フットリングの部分はもうひといき(笑)
職人さんたちの努力が感じられ、大切に使っています。
Whichford potteryの鉢はルーレットの模様がちがったり、メッセージが
かいてあったり、カタログ通りでないこともありますが、
ジムさんが言うにはそれぞれの職人さんの個性も大切にしているとのこと。
発見すると楽しくなります。
[PR]
by Whichford-love | 2011-08-16 09:44 | Comments(0)

検索

外部リンク

ライフログ


コンテナガーデニング with ウィッチフォード


Flowerpots: A Seasonal Guide to planting, designing, and displaying pots


Container Gardening

ブログジャンル

住まいとくらし
花・ガーデニング

画像一覧