世界中の園芸家が愛してやまない、イギリスWhichfordPotteryのフラワーポットについて発信する個人ブログ


by whichford-love

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29

カテゴリ

全体
英国におけるW.Fの役割
フラワーポット作成
フラワーポットの紹介
W.Fのポットに出会える場所
the courtyard garden
寄せ植えの紹介
Keeling pottery
その他
ご案内
Whichford 2014
未分類

以前の記事

2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 08月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月

2012年 02月 07日 ( 1 )

レトロポットの紹介

今日はレトロポットの紹介です。
なぜレトロポットと呼ぶか??それは2011年ポタリーを訪れた時
創立35周年を記念したイベント用に初期のカタログから
限定ポットを作成していて、職人さんがレトロポットと
よんでいたからです。
Andyさんにお願いして手書きのカタログをコピーしてもらいました。
d0229351_1134673.jpg

レトロポットについての以前の記事はこちらをクリックしてください。
d0229351_113438.jpg

d0229351_1134465.jpg

実はウィッチフォードポタリーのカタログをコレクションするのが
楽しみな私、ポタリーを訪れるごとに貰って帰ってきます。
ポンドが記載されているため日本では出まわらないとのこと。
ただ、すべての作品が掲載されていいるわけではなく
その年、ポタリーが力を入れている作品や、定番ながら長く愛されている
作品が載っています。

働いているお店では、昔の作品から、最新の作品、季節にあう作品
(今はもっぱらクリスマスローズ用ですが)などたくさんあるなかから
選んで仕入れをしています。いろんなバリエーションを輸入してくれる
会社があるから楽しく販売でくるのですが。
d0229351_113267.jpg

d0229351_1132738.jpg

一番最初の写真、右側にあるウォールポット(壁掛けポット)です。
私がW.F大好きと知っている営業さんが来たときのこと、
こんなものも入っていますよと見せてくれました。リストは貰っている
もののWall pot newとしか書かれていないのでオーダーしていなかった
のですが、なんとチューダーローズの模様がついているでは
ありませんか??
チューダーローズとは
「15世紀、英国はバラ戦争と呼ばれる王位継承をめぐる争いがあり、
ランカスター家は赤バラを、ヨーク家は白バラを紋章にしていましたが、
それらのバラが実際にどんな品種だったのか長い間学者たちの間で論争が
あったようです。現在は、赤バラは「ロサ・ガリカ」、白バラは
「ロサ・アルバ」ではなかという結論に落ち着いたようです。
バラ戦争は結局、ランカスター家のヘンリー7世と、ヨーク家の
エリザベスの結婚によって終結を向かえることになり、
2つのバラが重なった模様の「チューダー・ローズ」を新しくデザインし、
新しい紋章として採用したそうです」
とあります。イギリスではモチーフとしてよく見かけるもので、
ウィッチフォードポタリーのフラワーポットでも何点か見かけます。
d0229351_1133447.jpg

wall pot 202B 小売り希望価格 6,405円 幅20cm×高さ18cm (右側)
wall pot 201A 小売り希望価格 4,725円 幅17cm×高さ22cm(左側)
wall pot 201B 小売り希望価格 3,465円 幅14cm×高さ19cm
d0229351_113382.jpg

d0229351_181557.jpg

こちらはその名もチューダーローズポット
032 Tudor Rose Pot h15㎝ ×w18㎝ 小売り希望価格¥3780
016 Tudor Rose Pot h18㎝ ×w23㎝ 小売り希望価格¥5040
008 Tudor Rose Pot h20㎝ ×w27㎝ 小売り希望価格¥7980
006 Tudor Rose Pot h22㎝ ×w33㎝ 小売り希望価格¥9240
004 Tudor Rose Pot h27㎝ ×w39㎝ 小売り希望価格¥12915
002 Tudor Rose Pot h33㎝ ×w46㎝ 小売り希望価格¥20790
001 Tudor Rose Pot h37㎝ ×w53㎝ 小売り希望価格¥39690
Chapter3によるとこの作品は
「ジム・キーリング氏が修行を重ねたレクレッシャムポタリー
(英国南部ハンプシャー州)で習得した鉢のひとつで、
外側が赤バラを紋章とするランカスター家、内側が白バラを紋章とする
ヨーク家を象徴しています。バラ戦争として有名な両家の争いは
1485チューダー王朝によって統一されました。
英国の歴史を含んだデザインと言えます。」とあります。

レトロポットのカタログをよく見ると左上にありました。
長く愛用されているポットだと思います。
d0229351_1162679.jpg

d0229351_1134097.jpg

こちらは渋谷園芸さんのオリジナルポット
チューダーローズバスケット
SO873 Tudor Rose Basket h23㎝ ×w20㎝ 小売り希望価格¥7980
SO874 Tudor Rose Basket h27㎝ ×w25㎝ 小売り希望価格¥12285
SO875 Tudor Rose Basket h32㎝ ×w30㎝ 小売り希望価格¥18900
SO876 Tudor Rose Basket h35㎝ ×w35㎝ 小売り希望価格¥24570
SO877 Tudor Rose Basket h38㎝ ×w40㎝ 小売り希望価格¥30240

ポットの写真提供Kanekyu
[PR]
by whichford-love | 2012-02-07 18:32 | フラワーポットの紹介 | Comments(0)

検索

外部リンク

ライフログ


コンテナガーデニング with ウィッチフォード


Flowerpots: A Seasonal Guide to planting, designing, and displaying pots


Container Gardening

ブログジャンル

住まいとくらし
花・ガーデニング

画像一覧