世界中の園芸家が愛してやまない、イギリスWhichfordPotteryのフラワーポットについて発信する個人ブログ


by whichford-love

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カテゴリ

全体
英国におけるW.Fの役割
フラワーポット作成
フラワーポットの紹介
W.Fのポットに出会える場所
the courtyard garden
寄せ植えの紹介
Keeling pottery
その他
ご案内
Whichford 2014
未分類

以前の記事

2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 08月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月

カテゴリ:未分類( 28 )

ヘッドガーデナーのブログ

先週末帰国しました。今年のイギリスの春はとても暖かかったらしく
いつもならバラが咲き始めているところですが、開花のピークが過ぎている
地域が多いように感じられました。
d0229351_4291744.jpg

イギリスに行くときは毎回楽しみに訪れているWhichford poterry
今年は6 月16日に訪れました。
平日に伺うのは6年ぶり週末は職人さん達がお休みなので工房内は
静かですが、今年は工房内をアダム・キーリング(ジムさんの長男)に
レクチャー付きで案内して頂きました。
内容は後日、順番にブログに掲載していきたいと思います。

ポタリーには素敵な小さなお庭がついています。
こちらはヘッドガーデナーのハリエットがお手入れをしています。
彼女の素敵なブログがあるのでぜひご紹介したいと思っていました。
今回ハリエット、ジムさんの了解を頂きご紹介リンクをする許可を
頂きましたのでぜひみてください。

こちらをクリックしてください
[PR]
by whichford-love | 2011-06-30 07:00 | Comments(1)

イギリスへ

今日から2週間イギリスーフランスへ
Whichford potteryももとろん訪ねてきます
レポートは月末に
[PR]
by whichford-love | 2011-06-09 07:00 | Comments(0)

Whichford potteryと多肉植物

タイトルにあるように、Whichford の工房を訪ねるとたくさんの多肉植物が
植えられたポットを見ることが出来ます。
ジム・キーリング氏は多肉植物が大好きらしいです。
d0229351_20976.jpg

大きなポットのすそに小さな多肉植物を植えたポットが
あしらわれています。
丁度、駐車場から工房に向かって入ってくると目に入るポイントに
置かれていました
d0229351_2092731.jpg

今では、バラクライングリッシュガーデン専属販売で見られる
黒のシリーズですが3年前ぐらいはまだ珍しかったものです。
クロホウシにゼラニウム、リシマキアインパクトのある
コンテナガーデンだと思いました。
d0229351_2093946.jpg

円盤のようなかたちのポット。砂利、玄関先など多肉を植えて
転がしておくとおもしろいです。
Spinning Jenny 532 幅22㎝×高さ12㎝小売り希望価格7140円
サイズは3段階あります。
d0229351_2010153.jpg

ポットに植えられた植物を集めたコーナー、寄せ鉢で一つの絵を
作っているようです。この中にも多肉植物がありました。
d0229351_20104597.jpg

ジム・キーリング氏作成の多肉を使った寄せ植え
乾いた異国の景色を表現しているようでした。
[PR]
by whichford-love | 2011-05-23 20:29 | Comments(1)

国際バラとガーデニングシヨウ

先週5月12日、埼玉県の西武ドームで開催されていた
国際バラとガーデニングショウに行ってきました。
今回で13回目、約10年前から通い、販売出展する側の会社で働いていた
ときもありましたが、ここ数年はバラのチェックをしにいっております。
今年は待望のW.Fがガーデンをデザイン、ジムキーリング氏と友人が通訳
で来日しました。
d0229351_21532773.jpg

印象派の庭というテーマで5つのデザイナーさんの庭がありましたが
<ウィッチフォードの印象派 ゴッホ、モネ、クラッシックローズに
魅せられた庭>というテーマでした。表から見た庭。
d0229351_21534977.jpg

裏庭をスタンドから撮影
d0229351_21542790.jpg

庭の中央にあるのは<金の糸杉>
d0229351_2155161.jpg

d0229351_21553118.jpg

<ゴッホの糸杉と星の見える道>ここに描かれている糸杉がモデルとの事
d0229351_21562691.jpg

<ウィッチフォードの印象派 ゴッホ、モネに魅せられて>というテーマで
トークショウ
d0229351_21561294.jpg

スタッフが土台を準備、窯の中での破裂に備え、真ん中は空洞らしい
d0229351_21564172.jpg

仕事が終わった夜に作成を進めていたと暴露のジム氏。
d0229351_2157166.jpg

d0229351_21572085.jpg

23.5金の金箔をリンダさんとヒラリーさんの2人のベテランが張っていきます
d0229351_22353480.jpg

1/10のサイズの金の糸杉。そのご1/3も作成されたそうです。実物は3㍍
d0229351_224356.jpg

右のコンテナガーデンは右から白→ピンク  ソフトで女性的なイメージで
d0229351_22433466.jpg

左のコンテナガーデンは左から白→黄色   はっきりした色で
男性的なイメージで
印象派が教えてくれることは色によってムードが変わることと話されていました

d0229351_21574419.jpg

今回のフラワーショウを記念してバラクラ×WF  
限定のフラワポットが販売されていました。もちろん購入してしまいました。
[PR]
by whichford-love | 2011-05-19 21:58 | Comments(0)

Ash color

Whichford pottery には色の付いたシリーズが他にもあります。
Ashと呼ばれるグレー色のシリーズです。
7年前に働いていたお店にはベージュSand,
ピンクベージュのBlush水色の Aquaの4種類がありました。
いまはたしかAshとAquaの2種類のみが販売されています。

Ashのいろはシルバーリーフ、ライムリーフと銀色、黄色の葉の色と
よく似合います。またどんな花色にもよく似合うと思います。
d0229351_23395147.jpg

2010年3月,英国王立園芸協会主催
Whichford potteryオーナーのジム・キーリング氏の講演会にて
d0229351_23401976.jpg

冬の植物の写真のみで季節感がありませんがいくつかご紹介したいと
思います。8年ものの原種シクラメンコームの1球植え
104xA Scallop Bowl 高さ25㎝ 直径42㎝
d0229351_23404035.jpg

グリーンのハボタン七福神を入れた寄せ植え
784xA Fritillary pot 高さ26㎝ 直径35㎝
d0229351_23405864.jpg

ハボタンのみをブーケ風に
771xA Hosta pot 高さ23㎝ 幅37㎝
[PR]
by whichford-love | 2011-05-03 23:38 | Comments(0)

国際バラとガーデニングシヨウ2011

〜お知らせ〜
毎年、西武ドームで開かれている国際バラとガーデニングシヨウは
今年で 13回目。震災で開催されるか心配していましたが、予定通り
行われそうです。5月11日(水)から5月16日(月)の6日間

Whichford pottery のオーナー ジムキーリング氏も来日
印象派の庭のなかの一つのガーデンをデザインしています。
「ウィッチフォードの印象派ゴッホ・モネに魅せられて」
また、講演も予定されています。
詳しい内容はこちらからどうぞ
[PR]
by whichford-love | 2011-04-16 08:26 | Comments(0)

Whichford potteryについて

Whichford potteryはコッツウォールドの北の端に位置し、シェイクスピア
ゆかりのストラット・アポン・エイボンから南へ約25㎞の
ウィッチフォード村にあります。
電車ではLondon Paddington駅より鉄道で1時間くらいの
Moreton-in-Marsh駅からタクシーでポタリーへ行くことが出来ます。
d0229351_2336857.jpg

駐車場からポタリーへ向かうとよく雑誌などでみかける植木鉢のアーチが
見えてきますチェルシーフラワーシヨウに参加したときに使用したものだと
聞いたような気がします<写真は2009年6月>
d0229351_23362322.jpg

年度ごと季節ごとにかえるそうです<写真は2008年10月>
d0229351_23364824.jpg

d0229351_2337525.jpg

アーチをくぐるとショップとお庭になっています。
ヘッドガーデナーのハリエットさんの植栽アイディア、寄せ植えの
アイディアが満載です。
いろいろなガーデンを訪れますが私にとって一番わくわくする場所です。
d0229351_23372830.jpg

d0229351_23374631.jpg

売り場の様子。日本では販売されていないデザインや職人さんが遊び心で
つくった一点物など気になるポットがあります。
[PR]
by whichford-love | 2011-04-09 23:39 | Comments(1)

フラワーポットとの出会い

d0229351_5502719.jpg

英国Whishford poterry社のフラワーポットに一目惚れしたのが2001年
転職さきの園芸店でした。いまだその熱は冷めることなく続き、
驚いています。
いろいろな雑誌に取り上げられ販売されており日本で身近になっている
ポタリーですが、10年がたち自分の言葉でポットの魅力を伝えていくことが
できないだろうかとブログで発信していくことにしました。
d0229351_602663.jpg

こちらが一目惚れしたLong Tom (品番1242  h14×w11㎝)
ウイッチフォードポタリーにおける’伝統的な英国の園芸鉢’といわれる一連の
作品の一つでオーナーのジム・キーリング氏がハンプシャーの
レクレッシャムポタリーで習得した技術と記載されています。
19世紀に完成されたデザインでいくつかの異なったデザインがありますが、
改めで取り上げたいと思います。
d0229351_6112534.jpg

鉢の縁下にルーレットがあしらわれていますが、
これらも伝統的な手法が守られているとのことです。
WHICHFORD POTTERY ★WARWICKSHIRE★ENGLANDという
ルーレットで模様がついています。
d0229351_6214153.jpg

こちらは以前のWhichford rose potのルーレット
回転している台のうえに置かれた焼くまえのポットにそっとこれらの
ルーレットをあてると模様がつきます。
あて始めの箇所と終わりの箇所をぴったりとくっつけるのはかなりの技術が
いるそうです。
d0229351_6184682.jpg

10年前に購入したロングポットは写真のような模様でした
カタログと違う模様のときはラッキーと思います。(笑)
d0229351_6271520.jpg

デンマークのネッド・イェプセン社によって育種されたカランコエ,
八重咲きカランコエのクイーン・ローズ シリーズ’エビータ’
咲きかけのグリーンの色目に惹かれました。
カランコエもおしゃれに育種され魅力的になっていました。
[PR]
by whichford-love | 2011-04-01 23:59 | Comments(0)

検索

外部リンク

ライフログ


コンテナガーデニング with ウィッチフォード


Flowerpots: A Seasonal Guide to planting, designing, and displaying pots


Container Gardening

ブログジャンル

住まいとくらし
花・ガーデニング

画像一覧