世界中の園芸家が愛してやまない、イギリスWhichfordPotteryのフラワーポットについて発信する個人ブログ


by whichford-love

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

カテゴリ

全体
英国におけるW.Fの役割
フラワーポット作成
フラワーポットの紹介
W.Fのポットに出会える場所
the courtyard garden
寄せ植えの紹介
Keeling pottery
その他
ご案内
Whichford 2014
未分類

以前の記事

2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 08月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月

カテゴリ:その他( 42 )

アーティスト・イン・レジデンス 備前 ①

備前市からの招待で、ウィッチフォードポタリーのろくろ工2人が
1月4日より2週間、備前で作品を作っています。
備前では初めての招待作家だそうです。
9日よりオーナーのJimも加わりました。

アーティスト・イン・レジデンスとは各種の芸術制作を行う人物を
一定期間ある土地に招聘し、その土地に滞在しながらの作品制作を
行わせる事業のこと

d0229351_20005140.jpg
備前焼きの粘土、焼成技術とイギリス ウィッチフォードポタリーの
作成技術のコラボレーションの作品を作るだけではなく、
d0229351_20171467.jpg
備前焼の陶芸家さん達との交流会や地元の高校陶芸部との交流
デモンストレーションなどでWFの技術を披露したり
備前焼の技術を教えてもらったりと盛り上がっているように
感じました。
その他ラジオやテレビの出演など忙しい滞在のようです。



今日14日はワークショップが陶芸センターでありました。
午前午後で約40名ものお客様方にご参加頂いたそうです

(写真はアーティストインレジデンスの提案者でもある
石田さんよりおくって頂きました)
d0229351_20003867.jpg
デモンストレーションをしているのはチャーリー
d0229351_20003240.jpg
Jim
d0229351_20003877.jpg
ポタリーについてのレクチャーもプロジェクターで説明があったよう
ですねデコレーションの様子が写っています
d0229351_20004721.jpg
参加者の方々の作品
ルーレットでデコレーションしたものや

d0229351_20005275.jpg

d0229351_20005584.jpg
モールド(型を)使ったデコレーション

春にポタリーでワークショップに参加したときはモールドは
使えなかったので羨ましい・・・
d0229351_20003136.jpg
先日備前に行ったときには、これら以外にもたくさんありました。
すごい持ってきたんだなぁ〜とおもいました。


サイモン、チャーリー、ジムから聞くところによると
日本の陶芸技術はとてもすばらしいものだそうです。

今回の滞在でサイモンはミリオンではなくビリオンの写真とメモが僕の
携帯にははいっているよと話していましたが本当に貴重な経験に
なったようでした。


備前とウィッチフォードポタリーのプロジェクトは今回が
初めてではなく2014年から2019年のオックスフォード大学を
含めた穴窯プロジェクトが続いています。
詳しくは下をクリックしてください





2016年よりブログ村のランキングに参加することにしました。
よろしかったらクリックしてください。



人気ブログランキングへ

にほんブログ村 花・園芸ブログ イングリッシュガーデンへ
にほんブログ村




[PR]
by whichford-love | 2017-01-14 20:35 | その他 | Comments(0)

第2回阪急スプリングフラワーショウ

1月9日(月)最終日 別件で大阪駅近くで用事を済ませ
少し時間があったので阪急うめだ百貨店で開催されていた
スプリングフラワーショウを覗いてきました。
d0229351_16553523.jpg
スクール生の方々の豪華な寄せ植え、おやゆび姫を
テーマにしたガーデン、バラ色の暮らしのお洋服やベーカリーなどが
展示販売されていました。
d0229351_16555185.jpg
ウィッチフォードポタリー社のポット

(真ん中の下のバラがデザインされたポットや右上部の黒に
金箔のポットなどはバラクライングリッシュガーデンの専売の鉢)
d0229351_16554757.jpg
おやゆび姫のフラワーポットやハートのデコレーションの
ポットなどバラクライングリッシュガーデンの
オリジナルポットが販売されていました。
d0229351_16560815.jpg
d0229351_16560308.jpg
d0229351_16554036.jpg
スクール生の方々の作品はボリュームがありインパクトの
ある作品が多いですね

小さな鉢をたくさん飾るより、庭で飾るなら大きなポットに
植え込むとインパクトがあっていいなと思います。

d0229351_16553062.jpg
ウィッチフォードポタリーの鉢ではなくキャピタル社のものですが
素敵な植え込みだなと思いました。写真ではわかりにくいですが
大きな作品です。

2016年よりブログ村のランキングに参加することにしました。
よろしかったらクリックしてください。



人気ブログランキングへ

にほんブログ村 花・園芸ブログ イングリッシュガーデンへ
にほんブログ村



[PR]
by whichford-love | 2017-01-11 17:09 | その他 | Comments(2)

今のチームメンバーの紹介とスタンプ

d0229351_16413411.jpg
d0229351_16413670.jpg
d0229351_16413807.jpg

オーナー、ろくろ工、デコレーターはそれぞれスタンプを
持っています。鉢の裏(下)あたりに押されています。

d0229351_17035962.jpg
3月の滞在中にビクターヒューゴさん(写真2枚目の左上)の送別会があり、
みんなから愛されていたんだなぁと感じました。
1982年から働いていたベテランの職人さんでした。

時々ポタリーに行った時に就業時間が過ぎても2階で作品を静かに
作っていた寡黙な職人さんでした。
d0229351_17034470.jpg


team-toshi2さんへ お問い合わせの件 

お問い合わせいただいていた貝殻のスタンプは20数年働いている
ショップ販売員のバーバラさんでした。
d0229351_16414218.jpg

確か、15年前ぐらい販売をしている中で猫のマークのヒラリーさんと
同じぐらい良く見かけていたスタンプでした。
貝殻=シェルでミッシェルさんと覚えていたのですが、違っていました^^
忙しくて人手が足りないときにデコレーションの仕事をしていた時期が
あったそうです。(写真はバーバラさんが鉢について説明している所です)

2016年よりブログ村のランキングに参加することにしました。
よろしかったらクリックしてください。



人気ブログランキングへ

にほんブログ村 花・園芸ブログ イングリッシュガーデンへ
にほんブログ村


[PR]
by whichford-love | 2016-09-21 17:08 | その他 | Comments(4)

第3回イギリスの旅  〜英国を代表するフラワーポットWhichford potteryの魅力〜

2016.9.4 
第3回目のスライドレクチャーが無事に終了しました。
今回のテーマはウィッチフォードポタリーについて。
何度もこのテーマではお話をさせて頂いていますが、一番大切にして
いるテーマなので、毎回工夫しながらどうしたらより、私が感じている
素敵さを言葉にして伝えられるだろうと悩みます。

d0229351_19035788.jpg
d0229351_19032129.jpg
スライドとビデオでポタリーについて、作品作りについてご説明させて頂きました。
d0229351_19054177.jpg
d0229351_19055351.jpg

最近のポタリーの様子が見て頂けます。
d0229351_19061808.jpg
d0229351_19060684.jpg
どんな風にポットに植えるのか?ディスプレイをするのか?ポイントを
交えながらたくさん写真を見て頂きました。
d0229351_19244126.jpg
ウィッチフォードの近くにはイギリスを代表するお庭のひとつ
ヒドコートマナーガーデンがあります。
ポタリーから近いおすすめのガーデンもご紹介させていただきました。
d0229351_19244731.jpg
私が好きなバートンハウスガーデン
d0229351_19035240.jpg
d0229351_19034556.jpg
d0229351_19215972.jpg
お客様方が楽しみにされているいつもの英国菓子のティータイム。
今回は3月にポタリーを訪ねた時にポタリーのカフェ 
ストローキッチンのオリジナルレシピをジムさんの長女マイアさんに
(左から2人目)頂いてきました。
1種類に絞れなかったので、友人がプチケーキとして3種類とも作って
くれました。お茶はヨークシャーティーにしました^^
d0229351_19303426.jpg
次回は10月2日(日)イギリスのプライベートがーデンについてです。
詳しくはこちらからどうぞ

2016年よりブログ村のランキングに参加することにしました。
よろしかったらクリックしてください。

[PR]
by whichford-love | 2016-09-07 19:31 | その他 | Comments(0)

ウィッチフォードポタリーの日本人研修生

今日はウィッチフォードポタリーで頑張っている日本人研修生をご紹介。
d0229351_21323326.jpg

来年の7月まで研修のまりさん。 噂では日本人の女の子が働いている
よって聞いていたので今回の滞在で会うのを楽しみにしていました。

ウィッチフォードポタリーにはイギリス国内のレストランやパブで使われる
食器などを作っている部署があります。彼女はそのチームのメンバーです
d0229351_1815314.jpg

オーナーのプロジェクトの仕事やフラワーポットの仕事、
週末はカフェのバイトとなんでも頑張っています。
写真はベテランポッターのリンダさんにアドバイスを頂いているところ
d0229351_1815155.jpg

写真のイクリプスの鉢は研修生が最初にとりくむポット。
私も今回作らせて頂きました。初日はリンダさんが出勤していたので
粘土を型に入れるところは教えて頂けましたが、翌日からはリンダさんが
お休み。 なん鉢も作っているマリさんに教えてもらってね〜と言うことに
なりました。

日本人らしい?几帳面で丁寧な仕事ぶりのまりさんは本当に事細かに
注意する点を丁寧に教えてくれました。
(私はポッターには向いてないと思いましたが・・・貴重な体験でした)
d0229351_21323467.jpg

イクリプスの方は仕上げまでに何日も分けて教えて頂き、
写真のライオンマスクは私が粘土を型に入れたものを、
翌日仕上げる過程を見せてもらいました。
d0229351_21323186.jpg

d0229351_21322938.jpg

ヘッドガーデナーやスタッフとガーデンビジットしたり
みんなでご飯を食べたりと いつもポタリーでは良い思い出が作ることができますが
マリさんのおかげでさらに楽しい滞在になりました。

マリさんがポタリーにいることで、七夕など日本の文化をスタッフが
体験することができたりと日本に鉢をつくって出荷している職人さんたちが
日本をもっと身近に感じてくれたら嬉しいなと思います。

2016年よりブログ村のランキングに参加することにしました。
よろしかったらクリックしてください。



人気ブログランキングへ

にほんブログ村 花・園芸ブログ イングリッシュガーデンへ
にほんブログ村
[PR]
by whichford-love | 2016-08-06 18:36 | その他 | Comments(0)

イギリスより帰国しました

3月11日より4月14日までイギリスに滞在していました。
今回はウィッチフォードポタリーの工房での体験ワーク、
ヘッドガーデナーとの体験ワークなども含まれておりいろいろと
経験させて頂きました。

仕事が立て込んでいるため時間をみつけて少しずつアップしたいと思います
d0229351_0264866.jpg

写真はキューガーデンでのオリジナルウィッチフォードポット
[PR]
by whichford-love | 2016-04-20 00:27 | その他 | Comments(0)

オーナーのJim Keeling  氏来日 講演会    備前 

3月10日〜27日まで備前ミュージアムにてOXFORD ANAGAM展が
開催されます

オープニングトーク

3月10日 10時から12時(予約不要) 
オックスフォード大学 ロビンウィルソン氏とウィッチフォードポタリー 
ジムキーリング氏によるコレまでの活動とプロジェクトの展望についてのトークショウがあります。
備前ミュージーアムについてはこちらからどうぞ
d0229351_22235843.jpg

オックスフォード大学からのお知らせ(日本語)は
こちらかどうぞ




写真の企画書はこちらからダウンロードできます

このプロジェクトはオックスフォード大学において日本及びイギリスの一流作家の
コレボレーションで行われ大学の研究森林であるワイタムの森にマキを燃料と
する日本の伝統的な陶芸の穴窯を作りその過程を人類科学的研究に役立てます。

ジムさんがいまとりくんでいるプロジェクトです。
日本に初来日してから10年、いつも新たなことに取り組んでいる姿はとても
素敵です。英語で説明されてもちんぷんかんぷんなので、
是非日本語の通訳のつくこのトークショウ行ってみたいです。

注意:フラワーポットのビジネスとは異なります

[PR]
by whichford-love | 2016-03-05 22:43 | その他 | Comments(0)

team-toshi2さんへ お問い合わせの件 

先日コメント欄に以下のような問い合わせを頂いていました。

「お聞きしたいのですがsun potに刻印されていたのですが、
誰のマークか知りたいんですが....
写真を金久さんに持っていけばわかりますか?
2/11に行こうとおもっているのですが....
sの様なマークですm(__)m」
d0229351_1719817.jpg

こちらの方は勤めている園芸店で接客させて頂いたとても
ウィッチフォードポタリーの商品に詳しい男性のお客様で、
「特定のスタンプの鉢を買うことできますか?」と聞かれたお客様でした。
15年複数の店舗でウィッチフォードを販売させて頂いてきましたが
この質問をされた3人目のお客様です。笑

よく見るとフラワーポットの底や側面に小さなハートや猫、
アルファベットのスタンプがついています。
ろくろ工やデコレーターのスタンプなのです。

詳しくは以前の記事1をご覧くださいこちらをクリックしてください
記事2こちらをクリックしてください
d0229351_17164311.jpg

私もちょうど問い合わせの2〜3日前にすごくフォルムの綺麗な
プレーンポットにこのスタンプマークがついていて誰だろうって気になり
写真をとっていた所でした。

スタンプの人は Simon Garneさんという ろくろ工さんでした。
2014年一度会っているみたいでしたが、記憶になかったです。
d0229351_17164291.jpg

写真を見返すとデコレーターと一緒のお部屋でろくろを
まわしていた人でした。
大好きなリンダさんのお部屋に長い時間いてたので記憶にないのだと
思います。次回行った時はしっかりとみてこようと思います。
d0229351_17164813.jpg

ジャネットさんとヒラリーさんはデコレーターです。
d0229351_1716504.jpg

写真のポスターはもう7〜8年前のものなのですが、そのときから計算すると
このサイモンさんは20年ぐらいのベテランのろくろ工さんなのですね。

「ろくろ工は基礎の研修期間が4年さらに3年で最大級のポットを作る
ようになるそうです。そして7年の研修をさらに積んで1人前に
なるそうです。」
14年ではじめて一人前なのだと改めて見直していました。

ろくろ工のスタンプについて以前の記事はこちらからどうぞ

d0229351_17164423.jpg

d0229351_17164698.jpg

こちらはRivさん  

私も気になっていたスタンプ、team-toshi2さんのおかげですっきりと
しました。お持ちのポットにどんなスタンプがついているかチェックして
みてくださいね。

2016年よりブログ村のランキングに参加することにしました。
よろしかったらクリックしてください。



人気ブログランキングへ

にほんブログ村 花・園芸ブログ イングリッシュガーデンへ
にほんブログ村
[PR]
by whichford-love | 2016-02-13 17:57 | その他 | Comments(6)

I wish you a very happy New Year!

明けましておめでとうございます。
d0229351_16572594.jpg

昨年まではついつい忙しさと内容の濃い記事を書きたいな〜と
思いこちらの方のブログは気づけば長い間アップしていないことが
多い事になっていました。

自分が大切にしていてやりたいことを考えたときに、いくつかあるうちの
一つは15年前に一目惚れをしたウィッチフォードポタリーの魅力を伝える事

今年はウィッチフォードポタリーのフラワーポットの魅力を
伝える機会を増やしたいと思います。

本年もどうぞよろしくお願いします。
皆様にとってもよい一年となりますように。

そのうちにと伸ばしていたこちらもよろしくお願いします。
2016年よりブログ村のランキングに参加することにしました。
よろしかったらクリックしてください。


にほんブログ村 花・園芸ブログ イングリッシュガーデンへ
にほんブログ村

にほんブログ村 花・園芸ブログ ガーデニングへ
にほんブログ村
[PR]
by whichford-love | 2016-01-02 17:46 | その他 | Comments(3)

5月のWhichford pottery

5月の1週目。イギリスに住む友人がウィッチフォードポタリーへ
行ったので写真を送ってくれました。

昨年13年間ヘッドガーデナーを務めたハリエットが退職されて
新しい方になりました。

ジムさんはコートヤードガーデンは少しシンプルにしようと言ってましたが
今の植栽は前に植えたものを使っているだろうし
どんな感じにこれからなるのか楽しみです。
昨年ポタリーに行った時の様子はこちらからどうぞ

新しいヘッドガーデナーはポール ウィリアム氏
長い間、好きな本の著者で好きなガーデンの元ヘッドガーデナー
ワクワクします。 いつかお会いしてみたいです。
ポールさんとガーデンについてはこちらからどうぞ

早春までは大阪と変わらない気候ですが、5月になるとめいいっぱい
変わり、チューリップが満開です。
d0229351_21224699.jpg

d0229351_21224544.jpg

d0229351_21224123.jpg

d0229351_2122432.jpg

[PR]
by whichford-love | 2015-05-23 21:32 | その他 | Comments(0)

検索

外部リンク

ライフログ


コンテナガーデニング with ウィッチフォード


Flowerpots: A Seasonal Guide to planting, designing, and displaying pots


Container Gardening

ブログジャンル

住まいとくらし
花・ガーデニング

画像一覧