世界中の園芸家が愛してやまない、イギリスWhichfordPotteryのフラワーポットについて発信する個人ブログ


by whichford-love

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

カテゴリ

全体
英国におけるW.Fの役割
フラワーポット作成
フラワーポットの紹介
W.Fのポットに出会える場所
the courtyard garden
寄せ植えの紹介
Keeling pottery
その他
ご案内
Whichford 2014
未分類

以前の記事

2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 08月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月

<   2012年 05月 ( 8 )   > この月の画像一覧

第22回 バラクライングリッシュガーデンフラワーシヨウ

Whichford potteryのオーナー ジム・キーリングさんが来日します。
2005年からほぼ毎年フラワーシヨウのために来日していますが、
今年は14日から24日の10日間開催され、 後半の4日間
ジムさんのレクチャーが掲載されています。
無料のトークショウや有料のコンテナガーデンの
レクチャーなど楽しそうです。
バラクライングリッシュガーデンフラワーシヨウについてはこちらから
d0229351_20183853.jpg

[PR]
by whichford-love | 2012-05-26 20:18 | ご案内 | Comments(2)

My retro Pot

今まで何度も、ご紹介しているレトロポットシリーズ
手がきの古いカタログの中で紹介され、いまのリストには
掲載されていないポットですが、たまにお店で販売されています。(笑)
私は何年も前に兵庫県のお店で購入しました。そのときまで
見たことがなかったので思わず買ったものの何を植えたら似合うのか
植え込まないままずっと持っていました。
昨年思いたちミセバヤを植え込みました。ポットが引き立つかなと思い
デコレーションのあるものには葉の形がユニークで色味の美しい
1種類のみで植え込みました。
d0229351_1922571.jpg

d0229351_19215321.jpg

寝ているライオンみたいです(笑)
手元にサイズ価格表がなく確かなことがわからないので
ご紹介できなくて残念です。先日働いているお店でオーダーしてみたら
写真の鉢のひと廻り大きいサイズでⅠ万円ぐらいでした。
d0229351_1922830.jpg

とても美しい斑入りミセバヤ Hylotelephium sieboldii f. variegata
思わず購入 緑のクロホウシと寄せ植えにしてみようかと
考え中です。どんなWFが似合うのか??
私の場合はポットありきの寄せ植えになってしまいます。
d0229351_19221417.jpg

先日2008年度の写真を整理していたら
ミセバヤのみのポットを発見しました。
小さめのポットにいろいろな多肉植物を植えて素敵ないすにディスプレイ
とても目を引いていたことを思い出しました。
d0229351_1922111.jpg

ポタリーを訪ねるとたくさんの多肉植物が素敵な植栽と寄せ植えの
中で使われていているので、うまく使えるようになりたいと
思います。
[PR]
by whichford-love | 2012-05-22 19:48 | フラワーポットの紹介 | Comments(0)

The Octagon

Whichford potteryの敷地の中にThe Octagonと呼ばれる建物があります
The OctagonのHPはこちらからどうぞ
d0229351_20523459.jpg

ⓒWhichford pottery 2012年5月の様子
d0229351_20523629.jpg

ⓒWhichford pottery 2012年5月の様子

イギリス、日本の作家さんのギャラリーとShopになっています。
ポタリーを訪ねるとここでお買い物をするのが楽しみです。
ジムさんの息子さんアダムキーリングさんの作品やジムさんと奥さん
ドミニクの作品 W.Fのポッターのなかには自分のポタリーを持っている
人もいるので彼らの作品やアクセサリー、布ものなどいろいろな
作品が展示販売されています。
d0229351_20525166.jpg

d0229351_2052446.jpg

2008年秋友人の結婚式に招待していただいたときちょうど
オクタゴンのオープン前でした。イギリスの文化や技術を伝える
場所としていろいろなイベントが企画されています。
[PR]
by whichford-love | 2012-05-21 21:13 | その他 | Comments(0)

今日のコートヤードガーデン

ちょうど、今Whichford pottery ではチューリップが満開のようです。
友人が写真を送ってくれました。
4月25日のブログではもうすぐチューリップが開花という様子でした。
涼しいイギリスは花が日本より長持ちしそうですね。
d0229351_827556.jpg

ⓒWhichford pottery

d0229351_827383.jpg

ⓒWhichford pottery

d0229351_82715.jpg

ⓒWhichford pottery
[PR]
by whichford-love | 2012-05-10 08:45 | the courtyard garden | Comments(0)

whichford potteryのヘッドガーデナーのブログ

whichford pottery ヘッドガーデナーハリエットのブログアドレスが
へんこうになりました。写真がたくさんあって楽しいですよ〜
こちらからどうぞ
[PR]
by whichford-love | 2012-05-09 22:52 | ご案内 | Comments(0)

キンカン

毎年春から初夏まで、勤めている園芸店の奥さんが、
キンカンジャムを作ってくれます。
パンやヨーグルトに入れてついつい食べ過ぎてしまいます(笑)
d0229351_1740667.jpg

d0229351_17401036.jpg

何年も前に秋にポタリーを訪ねたときのこと
コートヤードガーデンの花台に飾られた、キンカンが目をひきました。
これだけだったらジャムには少ないでしょうが、お庭のポイントに
なるかもしれませんね。

ポットは底の側面に穴が空いており排水がとても良いです。
ハーブ、野菜やバラを植えるのにも最適だと思います。
ニワトリと果実。とてもお似合いのコンビネーションでした。

Cockerel Pot
793 h25㎝ x w28㎝ ¥8,500(税抜き小売り希望価格)
794 h28㎝xw33㎝¥11,100
[PR]
by whichford-love | 2012-05-06 09:00 | フラワーポットの紹介 | Comments(0)

Facebook

「Facebookのメンバー??」とWhichford potteryの友人から
メールが届きました。ポタリーもメンバーで
毎日または週に何回か写真をアップしているから見られるよとの
ことでした。

見たいけれど、パソコンがとても苦手。
ブログも後輩に手とり足とり教えて貰いながら始めました。
昨日の休みにFacebookの始め方を詮索しながら
メンバーになりました。
[PR]
by whichford-love | 2012-05-04 21:57 | その他 | Comments(0)

Icicle Pot

あっという間に園芸店は夏の花にかわりました。
今年はいろいろなペチュニアが出回っているらしく
ビオラパンジーと同様に年々品種名は覚えられなくなってきました(笑)
イギリスに行くと、ペチュニアにロベリア、ゼラニウムなど
湿度の高くない国ならではのコーディネートを見かけます。
暑い大阪ではまねしたくてもリスクが高くかんじます
もっぱら、他の草花とはあわせずにリーフ類とコーディネートを
楽しんでいます。

今回はデザインがお気に入りのアイシクルポットに
植え込みました。とても使い勝手の良いサイズです。
d0229351_17254185.jpg

ⓒKanekyu

アイシクル(つらら)という名前は、粘土を長くのばしてつけられた
いっぺんの飾りからきています。
その間には3つの実が葉の中にのぞく、古代フルーツのモチーフが
デザインされています。鉢の縁かあらぶら下がったアイシクルは
職人の指で仕上げられます。
(コックルシェルポット、マートルポット、アイシクルポットの3種は
まったくおなじは地に違ったデコレーションを施したものです)

Icicle Pot
132Ch36㎝ xw54㎝¥40,400(税抜き小売り希望価格)
132Dh34㎝xw43㎝¥24,600
132Eh28㎝ xw38㎝ ¥13,100
132Fh22㎝ xw29㎝ ¥8,400
132Gh17㎝ xw23㎝ ¥6,400
[PR]
by whichford-love | 2012-05-03 17:45 | フラワーポットの紹介 | Comments(0)

検索

外部リンク

ライフログ


コンテナガーデニング with ウィッチフォード


Flowerpots: A Seasonal Guide to planting, designing, and displaying pots


Container Gardening

ブログジャンル

住まいとくらし
花・ガーデニング

画像一覧