世界中の園芸家が愛してやまない、イギリスWhichfordPotteryのフラワーポットについて発信する個人ブログ


by whichford-love

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

カテゴリ

全体
英国におけるW.Fの役割
フラワーポット作成
フラワーポットの紹介
W.Fのポットに出会える場所
the courtyard garden
寄せ植えの紹介
Keeling pottery
その他
ご案内
Whichford 2014
未分類

以前の記事

2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 08月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月

<   2013年 08月 ( 4 )   > この月の画像一覧

East Ruston old vicarage

イギリスに住む友人から昨晩電話がかかってきました。
「一緒に行って以来5年ぶりに
East Ruston old vicarage ガーデンに行ってきたよ」とのこと。
彼女のブログはこちらからどうぞ
写真にあるガザニア&多肉植物の組み合わせは日本だとあり??
(写真の鉢はW.FのShallow Basket)

いろいろなガーデンを紹介して貰って個人で行ったり、
一緒に連れて行って貰ったりしましたが、ここは私の中でベスト5に
入っている記憶と心に残っているところです。
East Ruston old vicarageのH.Pはこちらから
d0229351_1444672.jpg

■鉢植えの作品がガーデンの中でこんなにもたくさん使われているところに
 行ったことがなかった事
■色の使い方にインパクトがあること
■Whichford poteryの鉢がたくさん使われている事
d0229351_14441376.jpg

2008年に訪ねた時のブログはこちらをクリックして下さい
[PR]
by whichford-love | 2013-08-27 15:01 | W.Fのポットに出会える場所 | Comments(0)

Ash Pot に植えた秋の寄せ植え

アッシュカラーと呼ばれる灰色のウィッチフォードの
フラワーポットで秋の寄せ植えを作りました。
d0229351_21159100.jpg

ちょっとコリウスをシックな色目にしただけでぐっと秋色になります。
ライムグリーンや、パープルならこの寄せ植えは夏色に。

Lily pot 746xa h29㎝×w31㎝ ¥14175(税込み小売り希望価格)
以前のアッシュカラーについてはこちらから
d0229351_2121113.jpg

d0229351_212134.jpg

赤い小さな実はジュズサンゴ。ピンクや黄色もあり、暑さにも強い。
実ものを入れると秋っぽくなります。
ビンカ’京ウサギ’、葉物はたくさん入れました
ヘミグラフィス’レパンダ’、コリウス、カラジウム
以前のカラジウムの寄せ植えはこちらから
d0229351_2121920.jpg

足下の濃い紫色の葉がヘミグラフィス’レパンダ’です

金久にて作成
[PR]
by Whichford-love | 2013-08-19 21:40 | 寄せ植えの紹介 | Comments(0)

Seraphim pot

先日、お客様が以前ご購入いただいたW.Fを持って御来店されました。
普段なかなかお店にはおけないポットなので、
植え込んだ後、写真をパシャリと撮らせていただきました。

お客様との出会いもⅠ本のお電話から
「デコラディブな鉢を置いていますか?」と。
いくつかのデザインが複雑なポットをお選びして
お送りさせていただきました
ありがたいことに遠いところお友達と良く御来店いただいています。
d0229351_20432923.jpg

渋めの色がお好きなお客様なので、
パープルファウンテングラス、ヘミグラフィス’レパンダ’
ジニア、ペンタス’シリウス’、ミカニア、トウガラシ

ジニアは高性のタイプなので切り戻しをしていただきます。
切り戻しても良く咲いてきます
d0229351_20425053.jpg

17世紀後半のオランダの絵画に見られる花束の入ったつぼに基づいた
複雑なデザインです。サラフィウムとは織天使のことで、
浄化の炎に包まれた体と6枚の翼を持つ神の使いだと言われています。


天使の顔は(ウィッチフォードポタリーのオーナー)ジムさんの次女である
シアドーラがモデルになっています。両ハンドルはバロック式に見られる
貝殻からインスピレーションを得ています。(chapter1より)

h28cm ×w43cm ¥110355(小売り希望価格)

ろくろで作る作品とは違い、複雑な作品をつくる時はハンドプレス製法で
作られます。
ハンドプレス製法についてはこちらをクリックして下さい
d0229351_204334100.jpg

Whichford potteryの写真の中でお気に入りのシーンのひとつ
[PR]
by whichford-love | 2013-08-11 21:17 | フラワーポットの紹介 | Comments(0)

ディスプレイ

先日、勤めている園芸店のお客様からW.Fのディスプレイ、
ベランダでの飾り方のご相談を受けました。
良さそうな写真をご提案させていただきました。
せっかくなのでブログでご紹介します。

今はやりの、ナチュラル雑貨、ブリキやアイアン素材の資材に
飾るには高級感のあるW.Fにはあいにくいし、
かといって定番の置き方寄せ鉢(6枚目の写真)ではベランダでは
たくさん置くには狭いし、愛想ないし、、、。
d0229351_202475.jpg

Whichford potteryのコートヤードガーデンでのディスプレイで
みかけた、風化したベンチやガーデンチェアーに飾られた
フラワーポットがやはりいい感じだと思いました。
d0229351_19513877.jpg

ディスプレイしているものも時々変わっています。
d0229351_19512395.jpg

d0229351_195125100.jpg

こちらは風化したベンチにディスプレイされたW.F
d0229351_19512786.jpg

木製のデーブルでなくてもあいますか?
d0229351_19535823.jpg

フラワーポットの高さや大きさ、デザインの異なるものを
寄せ鉢。全体のイメージカラーはまとめると効果的
d0229351_19514275.jpg

d0229351_1951445.jpg

W.Fの友人のお庭。 小さいスペースにかわいくディスプレイされています
d0229351_22313196.jpg

お客様宅のお庭 お庭の中でのフォーカルポイントに大型のポットを
d0229351_22312911.jpg

見にくいですが、バードバスがモミジの木の株元でポイントに
[PR]
by Whichford-love | 2013-08-06 22:38 | その他 | Comments(0)

検索

外部リンク

ライフログ


コンテナガーデニング with ウィッチフォード


Flowerpots: A Seasonal Guide to planting, designing, and displaying pots


Container Gardening

ブログジャンル

住まいとくらし
花・ガーデニング

画像一覧