世界中の園芸家が愛してやまない、イギリスWhichfordPotteryのフラワーポットについて発信する個人ブログ


by whichford-love

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

カテゴリ

全体
英国におけるW.Fの役割
フラワーポット作成
フラワーポットの紹介
W.Fのポットに出会える場所
the courtyard garden
寄せ植えの紹介
Keeling pottery
その他
ご案内
Whichford 2014
未分類

以前の記事

2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 08月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月

<   2013年 09月 ( 4 )   > この月の画像一覧

2013年新作の Willow pot

久々に丸みのあるデザインポットです。
ウィリアムモーリスがテーマのポット。今年は繊細なデザインの素敵な
ポットがたくさんあります。
その他の2013年のポットはこちらをクリックして下さい
d0229351_21472632.jpg

ガイラルディア、サルビア’バンヒューティー、アキランサス、
カレックス,ジュズサンゴ
d0229351_21473577.jpg

これほどくっきりとした細まかな装飾は技術的にも難しいそうです。
毎年新しいテクニックで今までにはないポットが紹介されて
すごい!!と思うのです

willow pot
896 25㎝×34㎝ ¥17010
897 30㎝×39㎝ ¥25305
898BC 43㎝×52㎝ ¥82215

写真協力Kanekyu
[PR]
by whichford-love | 2013-09-30 22:19 | フラワーポットの紹介 | Comments(0)

Whichford pottery のレクチャー

RHSJ(英国王立園芸協会)のH.PにWhichford potteryの
オーナージムさんのレクチャーが掲載されました。
スライド、デモンストレーションなど内容満載です
d0229351_20302887.jpg

10月10日締め切りです詳しくはこちらからどうぞ
[PR]
by Whichford-love | 2013-09-26 20:31 | その他 | Comments(0)

ベロペロネ in Ash lily pot

d0229351_23435060.jpg

今年の夏の寄せ植え
爽やかに見えるカラジウムとペロペロネは暑さに強く便利な夏の花
d0229351_234335100.jpg

Lily Pot Ash 
747xa h29㎝×w31㎝ ¥15645
748xa h33㎝×w33㎝ ¥21525
d0229351_23435478.jpg

黄緑色の部分は萼なので花に見える部分がかなり長く楽しむ
ことができます。
d0229351_23434590.jpg

たまに通る道、マンションの花壇に植えられているコエビソウのグリーン花
毎夏、夏中咲いていて綺麗だなぁ〜暑さに強いと思っていました。
一般的にはエンジ色の花が多いです。こちらはオールドファッションの
ような気がしていました。おばあちゃんの畑に生えてそうな一昔前に
流行ったイメージ。今頃、秋に見ると悪くないのですが。
d0229351_23434460.jpg


ペロペロネ Justicia brandegeana (別名コエビソウ)
科名:キツネノマゴ科
原産地:メキシコ
樹高:30cm~2m(場所と気候が合えば)
開花期:15℃以上あればいつでも開花
耐寒性3℃以上

3℃以上と書いていますが、関西では地植えで大丈夫
半耐寒性の植物は冬に枝がれする可能性があるので春先にきつめに
剪定しています。春に伸びてきたらピンチ(枝先を切ると)脇芽が
伸びてきてこんもりと茂ります。
[PR]
by whichford-love | 2013-09-16 00:13 | フラワーポットの紹介 | Comments(0)

〜英国王立園芸協会日本支部からのお知らせ〜

Whichford pottery オーナーによるレクチャーが関西で開催されます。
d0229351_23302363.jpg

英国王室御用達のフラワーポット、数少ないイギリスの伝統的な手法を
守り続けている窯元、園芸家のオーナーがデザインする植物と最高に
相性の良いポット、世界のガーデナーに愛されるポット、、、
いろいろな表現ができますが、私にとっては12年前に一目惚れして
いまださめない最高のフラワーポット。

今回は会員の方以外でも講習会を受けていただけます。
RHSJの事務局より許可をいただき一足先にご案内です。
会報紙には9月号に掲載されます。
d0229351_2330236.jpg


オーナーのジムキーリングが語るWhichford potteryの魅力と
 寄せ植えのデモンストレーション


イギリスで伝統的な手法を守り、フラワーポットを作り続けているポタリー

今回、ジム・キーリング氏の来日を機に夢の企画が実現しました。
ポタリーの様子、作品に対するこだわり、ウィッチフォードの鉢を使った
寄せ植えなどをスライドを見ながら紹介します。
軽い素材がもてはやされる今の時代、世界で愛され続ける
テラコッタ鉢の魅力に触れる良い機会になると思います。

また園芸家でもあるキーリング氏のイギリスらしい寄せ植えのテクニックを
学ぶまたとないチャンスです。

2013年10月18日(金) 13時〜15時
場所:貸しギャラリー「集・空・間Tio」ホールA
〒659-0067 兵庫県芦屋市茶之町7−12
JR芦屋駅・阪神芦屋駅  徒歩5分
http://www7b.biglobe.ne.jp/~tio-magicalbooster/

RHSJ会員2.625円
非会員  3.150円

募集人数60名
イベント名、名前、住所、電話番号 、RHSJ会員番号を記入の上
メールthigurashi@rhs-japan.org 郵便、FAXにて事務局宛にお申し込み下さい。
締め切り10月10日

当日連絡先 小野康裕090-3276-8511
幹事 西村 美紀


一般社団法人 英国王立園芸協会日本支部 
事務局長 日暮 崇
〒170-6038
東京都豊島区東池袋3-1-1 サンシャイン60 38階 
TEL:03-3984-9690  FAX:03-3590-3783
H.P http://www.rhs-japan.org/

d0229351_23341624.jpg

[PR]
by Whichford-love | 2013-09-05 23:36 | ご案内 | Comments(0)

検索

外部リンク

ライフログ


コンテナガーデニング with ウィッチフォード


Flowerpots: A Seasonal Guide to planting, designing, and displaying pots


Container Gardening

ブログジャンル

住まいとくらし
花・ガーデニング

画像一覧