世界中の園芸家が愛してやまない、イギリスWhichfordPotteryのフラワーポットについて発信する個人ブログ


by whichford-love

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28

カテゴリ

全体
英国におけるW.Fの役割
フラワーポット作成
フラワーポットの紹介
W.Fのポットに出会える場所
the courtyard garden
寄せ植えの紹介
Keeling pottery
その他
ご案内
Whichford 2014
未分類

以前の記事

2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 08月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月

<   2014年 02月 ( 3 )   > この月の画像一覧

Pots inspired by William Morris 3 Love birds pot

2013年はウィリアムモーリスからインスピレーションを得た
作品がたくさんあります。
その中でもこのポットは自宅にも欲しい〜と購入したものです。
d0229351_1992791.jpg

(写真はお客様宅)

恋人同士という意味のラブバードポットは、ウィリアム・モリスの
2種類のデザインを組み合わせ、新たにブドウの葉や実の装飾を
加えて作り変えたものです。
鉢の中心に、円形のモチーフがどっしりと装飾されています。
がっちりとした印象の鉢ですが、縁や足元に中央の装飾と同様に
奥深いディテールが見られます。(Chapter3より)

ウィリアムモーリスのデザインそのままではなく伝統に新しいものを
加えるというところはWhichford の精神が生かされていると
感じます。

鉢の縁(リム)と鉢の底(フットリング)の細かな装飾も素敵です。
d0229351_1993126.jpg


930 34cm x 35cm SRP ¥27,300
931 38cm x 49cm SRP ¥55,230
932BC 47cm x 54cm SRP ¥101,745
d0229351_1993690.jpg

2013年の秋 神戸で開催したRHSJのレクチャーでは
Lovebirdsをデモンストレーションを使いました。

そのときの様子はこちらからどうぞ
本来は予算などの都合で別のポットでお願いしていたのですが、
やはり、アーティストJimさんがやりたいようにしていただくのが
一番とおもい変更。前日に材料を集めたのですが、苔むした石や砂利、
ポットで販売している。
植物だけでなく棚下で自然に生えていたシダ類やグラスなども
あつめていました
d0229351_1993372.jpg

完成したのはテムズ川沿いの風景というテーマの作品
いろいろな小球根が植えられていて、おもしろいと思いました。

JImさん自身が園芸、ガーデニングを楽しむので、
ガーデニングを楽しむ人のためのフラワーポットを作り続けることが
できるのだと思います。
[PR]
by Whichford-love | 2014-02-25 19:54 | フラワーポットの紹介 | Comments(0)

Pots inspired by William Morris  2 Acorn Pot

2013年の作品ですが、ウィリアム・モリス(1934-1896)に
インスピレーションを受けてデザインされた鉢
d0229351_17484198.jpg

エイコーンポットは、枝が絡み合ったイングリッシュオーク
(ヨーロッパナラ)がモチーフです。イングリッシュオークは
森の王様として知られるほど、「力強さ」、「不屈の精神」、
そして「長命」のシンボルとされています
鉢の形は、たくさんの実、エイコーン(ドングリ)をつけた木の
形が自然と示唆したもので、伝統的な鉢のひとつである
ハーフポットに個性的で意外な面白さが加わったおしゃれで、
とても使いやすい鉢です。(Chapter3より)
d0229351_17484398.jpg

Acorn Pot
1314 24cm x 39cm SRP ¥19,740
1315 29cm x 43cm SRP ¥27,300
1316 35cm x 52cm SRP ¥55,230
d0229351_1195740.jpg

同じシリーズのWillow potについてはこちらからどうぞ
[PR]
by whichford-love | 2014-02-19 01:21 | フラワーポットの紹介 | Comments(0)

復元ポット2  at Hidcote Manor Garden

Whichford pottryからはそう遠くないところに日本でも名前が知られている
20世紀の代表的なイングリッシュ・ガーデン
ヒドコート・マナー・ガーデンがあります。

100周年を機に以前のガーデンの姿に戻す復興のプロジェクトが
完成しているはず。前回訪ねたのは2008年次回ポタリーに行くときには
寄りたいなぁ〜と思います。
ヒドコートマナーハウスのH.P
d0229351_1923156.jpg

d0229351_19224826.jpg

前回と同じく、ヒドコートマナーガーデンの復元ポットの写真
もう少しデザインをアップで撮っていたらよかったかな
d0229351_19232022.jpg

d0229351_19233034.jpg

d0229351_19233316.jpg

d0229351_19233779.jpg

レッドボーダー
H.Pのなかでビジュアルツアー(ここをクリック)っていうのを
みつけました。リアルな映像です。
d0229351_19234029.jpg

d0229351_19234315.jpg

プランツハウスと呼ばれる写真のあたりがかなりリニューアルされたみたい
ビジュアルツアー(ここをクリック)今の様子がみられます
d0229351_19232486.jpg

d0229351_19232812.jpg

このポットもカタログの商品ではないのでこのガーデンのためのオリジナルかな?
d0229351_19225647.jpg

d0229351_19234681.jpg

d0229351_19234983.jpg

リリーポットに紅葉、、、、
[PR]
by whichford-love | 2014-02-02 22:14 | その他 | Comments(0)

検索

外部リンク

ライフログ


コンテナガーデニング with ウィッチフォード


Flowerpots: A Seasonal Guide to planting, designing, and displaying pots


Container Gardening

ブログジャンル

住まいとくらし
花・ガーデニング

画像一覧