世界中の園芸家が愛してやまない、イギリスWhichfordPotteryのフラワーポットについて発信する個人ブログ


by whichford-love

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

カテゴリ

全体
英国におけるW.Fの役割
フラワーポット作成
フラワーポットの紹介
W.Fのポットに出会える場所
the courtyard garden
寄せ植えの紹介
Keeling pottery
その他
ご案内
Whichford 2014
未分類

以前の記事

2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 08月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月

<   2014年 03月 ( 4 )   > この月の画像一覧

Iris reticulate’Katherine Hodgkin’ in Garland Halfpot

日本では春の球根と言えばチューリップですが、
アイリスはWhichfordの春を彩る球根のひとつ。
d0229351_1574233.jpg

ずいぶん前に見たこの写真。インパクトがあって素敵だなぁ〜と
思い続けていました。

951Garland Halfpot H13㎝×W25㎝ ¥5600(税抜き小売り希望価格)
d0229351_157359.jpg

d0229351_1573818.jpg

やっと我が家にミニアイリスIris reticulate 'cantab'を植えました。
Garland Halfpotは持っていないので、似たような背の低い小さいサイズの
フラワーポットを見つけてきました。お気に入りのミニホスタポットです。
ホスタはギボウシのこと、側面に葉っぱのデザインが入ったものです。

771EMini Hosta pot H13㎝×W23㎝ 
¥6300(税抜き小売り希望価格)
d0229351_26446.jpg

ラベルを見て購入したので水色と勘違いしていました。
それでも澄んだ青い色で花はちっちゃくてかわいいミニアイリスでした。
d0229351_1574233.jpg

といってもこの花色気になるなぁ〜と思ってヘッドガーデナーの
ハリエットさんにメールすると「昔の写真だからはっきりとしないけれど
Iris reticulate’Katherine Hodgkin’だと思うよ」 とのことでした。

このミニアイリスは庭友の方々のブログでアップされていて素敵な
微妙な何ともいえない感じの植物、さすが庭友さんたちだなぁ〜と
思っていました。

また、チャレンジしてみたい植物がでてきて、終わりがありません(笑)
[PR]
by whichford-love | 2014-03-30 02:23 | フラワーポットの紹介 | Comments(0)

Wichfordの映像 YouTubeより

文章と写真でWhichford の情報をブログにアップしてきましたが、
なかなか本当に素敵な様子を伝えることはむずかしいなぁ〜と
思っています。
d0229351_1346650.jpg

ウィッチフォードがYouTubeにアップしたものなら
映像で見られることに今頃ですが気づきました。

2012年11月にアップされたものですが、ポットが作られる過程ががわかりやすいとおもいます。
22分もの長い映像なのでお時間があるときにどうぞ。
You Tubeこちらをクリックしてください

スタッフがかなり若いので撮影されたのはずいぶん前かと推測されます(笑)
d0229351_13461262.jpg

18分40秒あたりに出てくるハンドブレス製法で作られるOval pot
ろくろの上では作ることのできない形です。映像で見てくださいね。
d0229351_13461764.jpg

d0229351_1346207.jpg

上の寄せ植えは先日Kanekyuで作ったもの。季節が変わるたびに
いつも遠いところからお客様が持ってきてくださいます。
おかえり〜という気持ちで新しい植物を植えて送り出します。
[PR]
by Whichford-love | 2014-03-25 13:58 | その他 | Comments(0)

鉢植えのクリスマスローズ 

d0229351_22433061.jpg

働いているお店で一番クリスマスローズを植える鉢として売れているポット

Wisley gardener's pot RHS1835
高さ18㎝×幅20㎝ ¥3780(小売り希望価格 税込み)
d0229351_22431815.jpg

d0229351_22431676.jpg

その次に人気のSpecies Hellebore pots
866  h19㎝×w22㎝ ¥4620

他にも大きいサイズがあります
867  h26㎝×w30㎝ ¥8295
868  h29㎝×w34㎝ ¥13230
以前のSpecies Helleboreについてのブログはコチラカラ
d0229351_22441211.jpg

大株に育ってきたら排水の良いWhichford rose potに植えるのも
おすすめです。Whichford rose potについてはこちらからぞうぞ
d0229351_2244423.jpg

d0229351_22434014.jpg

日本のクリスマスローズのスペシャリストの方々の意見を取り入れ
Species Hellebore pots ができました。
実はこのポットができる前、同じく意見を取り入れ2つのポットが
作られました。販売店で売っているクリスマスローズのサイズをすぐに
植えていただくにはちょっと大きいサイズ。

鉢植えのクリスマスローズは排水が良い事が大切。
そのためにクリスマスローズの鉢底も工夫され、Urnと呼ばれる足つきの
素敵なデザインですが、クリスマスローズはコレクションしたくなる植物、
お値段を押さえたポットだとお求めしやすいです。

ということで店頭で見かける事は少なくなりましたが、
素敵なデザインなので寄せ植えに使いたい作品です。

The Purple urm 
962XP with purple h25㎝×w36㎝ ¥15015
964XP with purple h32㎝×w41㎝ ¥25200
d0229351_22484334.jpg

こちらのポットもThe Purple urm と同じ時に作られた作品です。
縦長なのでバラにも良さそうです
Straight-side Hellebore pot
662XP with purple h29㎝×w26㎝ ¥10500
664XP with purple h39㎝×w37㎝ ¥21000
d0229351_22432792.jpg

こちらはクリスマスローズの花の柄がついた小さなポット
たまにカタログには載っていないポットも入荷します。
[PR]
by whichford-love | 2014-03-16 23:59 | フラワーポットの紹介 | Comments(0)

明日ジム・キーリング氏の本が発売!!

本当に長い間、日本語でWhichford pottery社、
フラワーポットを紹介する本があったらうれしいなぁ〜と思っていました。
d0229351_21414487.jpg

明日主婦の友社から発売されるコンテナガーデニングwith Whichford
¥1995

一足お先に、勤めているお店に出版社より本が届きました。
中をみて感激!季節ごとのたくさんの寄せ植えの写真からいろいろな
アイディアをみることができます。
チームワークから生まれる作品、ストーリーのあるフラワーポット
Whichford ファンの方々はもちろん、W.Fをよく知らない
ガーデニング好きの方々にも楽しんでいただけると思います。

翻訳者は友人で元同僚の法子さん、
今はイギリスでガーデニングの仕事に就きながら、園芸ガイドでは
連載をもち、園芸ジャーナリスト、翻訳家として活躍しています。


2001年Whichford の縦長の小さなシンプルな鉢に一目惚れして14年。
2003年 店舗間の移動で法子さんと同じお店になりました。

当時Whichford についての販売のための情報は何もありませんでした。
イギリスでは霜によるわれが10年間保証される高品質な鉢、
チャールズ皇太子のお庭や有名なガーデンで使われている高価な鉢、、、
そんな情報だけでした。

感覚では一目惚れしていいと感じていても
何が、どういう風に良いのかをお客様にお話しするときに
十分ではありませんでした。

英語がバリバリの法子さんと販売のため、自分の趣味のために(笑)
以下のジムさんの本やビデオをみながら、いろいろと情報を集めました。
今ではなつかしい昔話です。
d0229351_21415461.jpg

懐かしのレクチャーの様子。
ジムさんの本を片手にW.Fを説明しています(笑)

今回の本は企画から翻訳など夜更かしをしながら頑張ってくれたのりこさん
W.Fを理解して形にしていただいた出版社の方々のおかげです。
この本をたくさんのお客様や友人たちに紹介することしかお手伝いは
できないので、まずはブログでご紹介です。

本屋さんまたはアマゾンはこちらから
来週から勤めているkanekyu  072-467-2413でも販売です。



d0229351_2141522.jpg

ジムさんの初めての本は1990年発売の
THE NEW TERRACOTTA GARDENER
アマゾンはこちらからどうぞ
d0229351_21414828.jpg

2004年発売のflowerpots
アマゾンはこちらからどうぞ
[PR]
by Whichford-love | 2014-03-07 23:16 | ご案内 | Comments(0)

検索

外部リンク

ライフログ


コンテナガーデニング with ウィッチフォード


Flowerpots: A Seasonal Guide to planting, designing, and displaying pots


Container Gardening

ブログジャンル

住まいとくらし
花・ガーデニング

画像一覧