世界中の園芸家が愛してやまない、イギリスWhichfordPotteryのフラワーポットについて発信する個人ブログ


by whichford-love

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

カテゴリ

全体
英国におけるW.Fの役割
フラワーポット作成
フラワーポットの紹介
W.Fのポットに出会える場所
the courtyard garden
寄せ植えの紹介
Keeling pottery
その他
ご案内
Whichford 2014
未分類

以前の記事

2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 08月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月

<   2014年 08月 ( 5 )   > この月の画像一覧

whichford pottery2014 工房内の様子2

工房の2階はデコレーター、ろくろ工が主に働いています。
d0229351_1249117.jpg

この日はデコレーターのヒラリーさんとジャネットさんのお二人が
出勤していました。
d0229351_12491071.jpg

d0229351_1249928.jpg

前日にろくろ工が作ったポットに装飾をつけていきます。
人気のあるバスケット模様のShallow Basket Flowerpot
あみあみにする装飾部分は簡単にはとれないように技術がいるようです。

ヒラリーさんについては以前のブログをどうぞ
d0229351_12491221.jpg

d0229351_12491455.jpg

リムと呼ばれる部分にルーレットでギザギザ模様を装飾していいきます。
ルーレットの装飾はろくろ工がするデザインもあります。

ジャネットさんについては以前のブログをどうぞ

仕上がると各デコレーター、ろくろ工は自分のスタンプをポットに
押しています。ヒラリーさんは猫マーク、ジャネットさんはハートマーク。
d0229351_12491567.jpg

いろいろなルーレット
d0229351_1249726.jpg

これらは釉薬をかけられたポットを乾かしているところ
グレイズドと呼ばれるインドア用のポットです
グレイズドポットについてはこちらからどうぞ
d0229351_1249299.jpg

こちらはスプレーで釉薬をかけてカラーポットを作成しているところ
d0229351_1249418.jpg

1階にある窯のからの熱でよく乾くそうで、乾燥中



7回目のポタリーですが、いつもは日曜日など休日に訪ねることが多いので
あまり気づかなかったのですが、ポタリーには犬がたくさんいます。
スタッフが犬同伴で出勤するのです(笑)働いている間は足下のベッドで
まるくなっているのですが、ティータイム、ランチタイムには
全員集合します。
イギリスでは犬つれて出勤していいの?って聞いたらポタリーは
ちょっと特殊みたいです(笑)みんな人なっこいです。
d0229351_1249186.jpg

d0229351_1249542.jpg

d0229351_12484735.jpg

d0229351_12485947.jpg

ジムさんのワンコ。
d0229351_1248458.jpg

d0229351_12491757.jpg

やっと会えたポタリーの猫プスプス
[PR]
by Whichford-love | 2014-08-30 13:21 | Whichford 2014 | Comments(0)

お知らせ  新しいヘッドガーデナー

この間も書きましたが、7月末で13年勤めていたヘッドガーデナーの
ハリエットさんが退職されました。ほんとうに植物の事をよく知っていて
素敵な植栽、組み合わせ、色使いをされるので
残念で悲しかったです。

私がポタリーにいたときにはまだ誰が後任か決まってないとのことで
とても心配していました。
というのも、みんな忙しくてお水やり、花切りなどのメンテナンスを
する人がいなかったのです。
あの素敵な寄せ植えや温室にある植物のコレクションは
どうなるのだろう、、
なにより素敵なフラワーポットにはやり素敵な植栽がほどこされて
よりいっそう引き立つのに、、、、どうなるのだろうっと心配でした。
d0229351_2095837.jpg

先週、新しいヘッドガーデナーが迎えられました。
なんと、あのポールウィリアムズさんがヘッドガーデナーに
決まったそうです。上の本は10年ぐらい前に日本の本屋さんで
一目惚れした寄せ植えの本です。
ずいぶんとボロボロになるぐらいみているお気に入りの本です。
何年かまえの国際バラとガーデニングショウにも来日お庭を作られて
いたような気がします。
d0229351_20111758.jpg

d0229351_20105912.jpg

好きなお庭の一つボートンハウスガーデンで18年間ヘッドガーデナーを
されていていまは引退生活なのかなぁ〜なんて思っていた
ところだったんです。植物使い色使い個性的で素敵!と
思うガーデナーさんがWhichford potteryのヘッドガーデナーさん
とはこれからポタリーにいくたのしみがまた増えました。
ちょうど今年久々にボートンハウスガーデンに行ってきました。
もう昔のインパクトのある植栽の面影はないのか?なんて思っていましたが
かわらず素敵でした。もう一つのブログからどうぞ。

ボートンハウスガーデン1
ボートハウスガーデン2
[PR]
by Whichford-love | 2014-08-24 19:52 | その他 | Comments(0)

whichford pottery2014 工房内の様子

d0229351_22454372.jpg

1階の左側にはオフィス、右側は工房になっています。
オフィスの奥には土から粘土をつくっている所があるのですが
今回お知り合いのリチャードさんがホリデーだったこともあり一度も
行ってないことに今、気づきました。
d0229351_22492692.jpg

3年も前の写真で申し訳ないけれど
そのときの粘土の話はこちらからどうぞ
d0229351_22211359.jpg

d0229351_2221836.jpg

d0229351_222110100.jpg

ポタリーでは大きな部署替えがあったそうです。
一階ではレストランなどに食器を作っている部門があるのですが、そこには
ベテランのアンディーさんやサイモンさんがいてました。
シニアは一階で働いているよって笑ってましたが、どんどんと
若いスタッフが育ってきてるのだなぁと感じました。
d0229351_22211513.jpg

トレーニング中のトニーは食器に釉薬をかけているところ
d0229351_22212794.jpg

週2回焼き上がるポットたち、いくつか窯があります。
d0229351_2221228.jpg

お二人もトレーニング中 いくつかの段階を経てベテランの
ポッターになるそうです。
d0229351_22212437.jpg

たぶんオーダーの商品を集めているところ。
d0229351_22211933.jpg

2階の階段。ちょっと入りにくいように思うのですが、
お客様は自由に工房内を見学できますよ。
d0229351_22211732.jpg

バック、リックがあたったりして壊しちゃうと支払ってね〜って
書いてあります。
今回優しいリンダさんの仕事部屋に入り浸っていたのですが(笑)
アメリカからのお客様や美術の先生やいろんな人が見学していました。
そのたびに優しいリンダさんは笑顔で対応してました。
ショップのジェーンさんもお客様と楽しそうに会話しているし、
アットホームだなぁ〜と思います。
d0229351_22212055.jpg

みんなの手形があります。可愛い。
[PR]
by whichford-love | 2014-08-16 23:05 | その他 | Comments(0)

2014年夏のWhichford pottery

今回はしばらく滞在して、たくさん写真を撮って、話を聞いて
良さが伝えられたらいいなぁ〜と思っていましたが、
本当の良さって伝えるのは難しい。
数回に分けて写真と感じたことをまとめてをアップして
いきたいと思います。

まずは、今年のポタリーの様子
d0229351_223165.jpg

右の建物は作家さんの作品や地元のアーティストの手作りの作品を
販売しているオクタゴン
オクタゴンについてのブログはこちらからどうぞ
オクタゴンのH.Pはこちらからどうぞ
d0229351_22184449.jpg

入り口の植栽は、赤とオレンジ、黄色など明るいポップな感じの植栽
何が違うかというとポタリーの入り口にあったインパクトのあるポットで
できたアーチがなくなっていました。
d0229351_22443156.jpg

駐車場から入ってすぐの所にあったのでかなりのインパクトがありました。
d0229351_2231155.jpg

洋なしのスタンダード仕立ても可愛い。
サインにあるように左にそのまま進むと先日ご紹介したCafeがあり
まっすぐ進むとコートヤード(ポタリーのお庭)と売り場、
工房があります。
d0229351_2233243.jpg

奥のストック場から撮影したCafeの様子
前回のCafeのブログはこちらからどうぞ
d0229351_22330100.jpg

コートヤードのなかの寄せ植え。いつもテーマがあり素敵な植え込みです
いつもおもうのですが、個性的な多肉植物の鉢植えがいろいろな所に
ちりばめられて、おもしろい雰囲気がでています。
d0229351_2232072.jpg

ポットの中には野菜(銅葉の中国野菜みたいな感じ)が一緒に
植栽されていました。
d0229351_223694.jpg

地植え、花壇の部分もありますが、アップで撮った写真も少しずつ
アップしていきたいと思います。
d0229351_2231568.jpg

売り場内の植栽。インパクトのある寄せ鉢のコーナー

7月末で13年間ヘッドガーデナーをつとめたハリエットさんが退職されました。
今後誰がどのようなスタイルでしていくかは未定らしいのですが、
ジムさんの頭の中にはいろいろとアイディアがあるようでした。
どんな風に変わるのか楽しみにしています。


下にご紹介した本は3月に日本語で出版されたWhichfordの植栽、
寄せ植えの本ハリエットさんの色彩感覚、アイディアが満載の本です。
ご興味のある方は見てくださいね。

コンテナガーデニング with ウィッチフォード

ジム・キーリング / 主婦の友社


d0229351_2232234.jpg

売り場の様子
d0229351_2233965.jpg

d0229351_2231354.jpg

いろいろなところに植え込まれた鉢が置いています。
d0229351_2231843.jpg

奥に見えるところがコートヤードガーデンにつながっています。
d0229351_2233723.jpg

端から工房を撮影。工房内は自由に見学ができます。
後日中の様子をアップしたいと思います。
d0229351_2232568.jpg

フライングで一枚。2階で作品をつくっている様子

写真の単発レクチャーに行きたいなぁと考え中です。
早朝、夕方も含めて4日間たくさん写真を撮ってましなのを使おうと
思いましたが、あんなにも撮って使える写真の少なさと
もう少し綺麗に記録を撮りたかったなぁ〜と思いました。
以前のカメラが修理できないと言われたので旅行前カメラ新調しました。
もちろんカメラ頼みのオート撮影です(笑)
[PR]
by whichford-love | 2014-08-07 23:27 | Comments(0)

Whichford potteryにカフェオープン!!

2014.7.6~9 久々にウィッチフォードポタリーに行ってきました。
今回はたくさん、写真を撮ってきました。
一番楽しみにしていたのは5月にオープンしたカフェ。
WhichfordのオーナーJimさんの長女Maia(マイア)さんとパートナーが
切り盛りしているお店です。
d0229351_1214721.jpg

駐車場から工房への入り口に向かって左、敷地の奥の方に
ポップで可愛いお店が見えます。
d0229351_1223490.jpg

カフェは好評で連日賑わっているそう。私がお昼に行った日もお客様で
いっぱいでした。月曜日、火曜日とお休みなので、日曜、水曜とランチをしました。
d0229351_1333571.jpg

カフェの前の花壇にはハーブがたくさん植えられていました。
d0229351_1215861.jpg

ミントは根が広がらないように鉢に植えて花壇に植えられているのですが、
あたりまえですが、ウィッチフォードのバスケットが使われていて
お〜もったいないって心の中では思っていました(笑)
d0229351_1215696.jpg

野菜やハーブのコンテナガーデニング
d0229351_1223718.jpg

この椅子に置いているルバーブはJimさんのキッチンガーデン
からだと思います。
素敵なキッチンガーデンがあり、たくさん野菜を植えています。
メニューはとれたものでかわるそう。
d0229351_1214546.jpg

この金の糸杉見覚えがあります。国際バラとガーデニングシヨウで
出展していたのと同じデザインのもの。
そのときのブログはこちらをクリックしてください
d0229351_1214051.jpg

Maiaさん  Jimさんと目元がそっくりです。
d0229351_1252538.jpg

お庭の花がテーブルに飾られていて、暖かな雰囲気の素敵な
カフェです。
d0229351_1215135.jpg

d0229351_1215495.jpg

ルートビートとバジルのアイスクリームも美味しかったです
キッズメニューもありました。
d0229351_121385.jpg

1日目のランチはリーク、サーモン、チェダーチーズのタートとサラダ
お世辞抜きにイギリスのカフェで食べたタートのなかで一番美味しかったです。
d0229351_122422.jpg

d0229351_122064.jpg

2回目はみんなで分け合っていろいろなトーストをいただきました。
野菜やチーズなどがたくさんのっていて本当にどれも美味しかったです。
d0229351_1214213.jpg

ケーキも気になるのがたくさんあったのですが、さすがに食べることは
できなかったのでざんねん。 
ポタリーに来られるお客様はぜひOpenしているか確認のうえ
カフェでランチを楽しんでいただきたいです。
[PR]
by whichford-love | 2014-08-02 07:00 | ご案内 | Comments(0)

検索

外部リンク

ライフログ


コンテナガーデニング with ウィッチフォード


Flowerpots: A Seasonal Guide to planting, designing, and displaying pots


Container Gardening

ブログジャンル

住まいとくらし
花・ガーデニング

画像一覧