世界中の園芸家が愛してやまない、イギリスWhichfordPotteryのフラワーポットについて発信する個人ブログ


by whichford-love

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

カテゴリ

全体
英国におけるW.Fの役割
フラワーポット作成
フラワーポットの紹介
W.Fのポットに出会える場所
the courtyard garden
寄せ植えの紹介
Keeling pottery
その他
ご案内
Whichford 2014
未分類

以前の記事

2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 08月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月

<   2016年 12月 ( 6 )   > この月の画像一覧

2016年もありがとうございました

d0229351_23190732.jpg
ウィッチフォードのフラワーポットの素敵さをもっと言葉に
できるように今年は3月ポタリーにお願いして滞在して10日間
滞在させてもらいました。

初めて粘土に触り、教室参加の一般のお客様とご一緒にろくろも体験
させてもらいました。とっても難しくて力もいり
長い年数をかけてベテランのろくろ工に育っていくというのも
納得です。

ガーデナーの仕事をしている私は実際の現場や寄せ植えなどの
植え込みでウィッチフォードポタリーのフラワーポット
の魅力をさらに伝えていくことができるようになりたいです。

2017年もよろしくお願いします。

2016年よりブログ村のランキングに参加することにしました。
よろしかったらクリックしてください。



人気ブログランキングへ

にほんブログ村 花・園芸ブログ イングリッシュガーデンへ
にほんブログ村




[PR]
by whichford-love | 2016-12-31 23:30 | Comments(0)

Whichford pottery のポットが見られるガーデン

2016年3月4度目のグレートディクスターハウスアンドガーデンへ
行ってきました。

d0229351_20222685.jpg
ウィッチフォードポタリーの特別なポット
このガーデンで会えるとは・・・・

水辺に植える大型植物のグンネラが植わっていて暖かい季節は
インパクトがありそう
d0229351_20215649.jpg
2014年ポタリーでみたこの青いポット 素敵なディスプレイでした。
d0229351_20221283.jpg
ウィッチフォードポタリーのポットを使った寄せ鉢のディスプレイ
d0229351_20222352.jpg

大きい鉢だといろいろと入れてしまいそうですが、
シンプルにわすれな草とチューリップのコーディネート
d0229351_20215616.jpg
前回訪ねた時よりいろいろなウィッチフォードポタリーのポットが
使われていました。


d0229351_20240346.jpg
こちらもわすれな草にチューリップ

初めて春のグレートディクスターガーデン。毎回インパクトがあって素敵ですが
春は球根植物のパラダイス
d0229351_20215967.jpg
d0229351_20235150.jpg
d0229351_20222905.jpg
d0229351_20223802.jpg
3月〜4月イギリスでガーデン巡りをしていましたが、
こんなにチューリップを見られるガーデンは今回訪ねた中には
ありませんでした。
d0229351_20241503.jpg
ヘッドガーデナーによるとチューリップはほりあげたりしないそうです
この赤いチューリップは15年間ずっとうえっぱなしとのこと。

古い品種だと植えたままで良いと別のガーデナーさんに教えてもらいました
d0229351_20224151.jpg
まだ早いと思っていたフリチラリアメレアグレスにも出会えて感激
d0229351_20240665.jpg
グレートディクスターガーデンの寄せ鉢のディスプレイは
有名だけど球根植物が集まっているとインパクトがありました
d0229351_20220906.jpg
売り場もナチュラルなディスプレイ
2016年よりブログ村のランキングに参加することにしました。
よろしかったらクリックしてください。



人気ブログランキングへ

にほんブログ村 花・園芸ブログ イングリッシュガーデンへ
にほんブログ村

[PR]
by whichford-love | 2016-12-29 20:53 | W.Fのポットに出会える場所 | Comments(0)

Ash Textured Eclipse

私が作った最初でたぶん最後のウィッチフォードポットに悩んでやっと
植え込みました。^ ^
d0229351_20554699.jpg
フラワーポットのアッシュカラーはどの花色とも相性がよいですが、
今回は青みがある花色が良いけれど、はるのイメージにしたいので黄色みと
両方の花色が含んでいるビオラを選びました。
ヌーベルヴァーグはいろいろと魅力的な花色があって素敵です。
d0229351_20554844.jpg
ビオラ ヌーベルヴァーグ、アイビー 雪の妖精、エンペトルム ニグラム’バーンステイン’
Empetrum nigrum 'Bernstein'


エリカの明るい黄土色の葉っぱがビオラの茶色味のある黄色にぴったり

Ash Textured Eclipse 
2060T h28㎝×w26㎝ ¥29300
2060T h38㎝×w36㎝ ¥45400
2062T h62㎝×w58㎝ ¥150200
2063T h86㎝×w81㎝ ¥293200

税別小売り希望価格 2016年現在


2016年の3月に10日間ウィッチフォードポタリーに滞在していました
ヘッドガーデナーと働かせて頂く以外に、今回はウィッチフォードの
魅力を伝えるのに、何か工房でもお手伝いさせて
頂きたいなと思いお願いしていました。


ろくろのポットは素人はできないので、型押し製法でつくるエクリプスを
作らせて頂きました。研修生が初めに作るポットらしいです。
一日目はリンダさんが出勤だったので粘土を伸ばし型に入れて
乾かすところまで。2日目以降は仕事の合間に日本人研修生のまりさんに
教えてもらいました。
d0229351_21100002.jpg
横についているハンドルを回しながら粘土を伸ばすのですが
とても重く、はじめの段階で力仕事を実感
d0229351_21100259.jpg
型に均一に空気を抜くように叩き粘土をいれました
空気が含まれていると窯の中で割れるよっといわれました

リム(鉢の上部にあたる部分)の内側に当たる部分は粘土を足して
厚みがでるようにしました
(私が作ったものは厚みが少なかったようです。この形は持ちにくいので
厚みが内側にあると運びやすいようです。)

d0229351_21100408.jpg
バンドで締めて1日乾かしました
d0229351_20560556.jpg
この型も非常に重たいです
d0229351_20561546.jpg
へらでくっつけるように左右両方押しつけます。
角がたつようにきをつけます写真にはないのですが、
細長く棒状にした粘土を内側の重なり合うところに押しつけ
しっかりと成形します。
d0229351_20562636.jpg
クレジットカードを使い表面をなめらかにしました
d0229351_20563057.jpg
ルーレットを使い斜め、横、縦などいろんな角度で模様をつけていきます
ルーレットはがたがたとゆれるので、鉢にあたる表面に均一に力を入れて
模様をつけるのは至難の業。模様が薄くなったり強くなったり・・・・・
この根気のいる作業が一番難しく感じました
d0229351_20564165.jpg
リムの部分に小さな穴をあけたり
(焼くときに割れないようにだったかなぁ??)
d0229351_20564440.jpg
ジャガイモをむくピーラーみたいな道具で面取りしたり・・・
d0229351_20553786.jpg
スリップと言われる焼くと灰色になるのを全体的に塗って1日乾かします
d0229351_20553750.jpg
金属の道具を使って乾いた表面を削ります。ルーレットでつけた溝に灰色の
スリップが残り削ったところがオレンジ色に焼き上がります
d0229351_20555931.jpg
できあがり

何日かに分けて作業をさせて頂き、本当に丁寧な作業が必要でいままで
リンダさんが簡単そうにルーレットを使っているのを見てきましたが
見るのとやるのは全然違いました。
販売をする上でもとてもよい経験ができました



d0229351_21193183.jpg
何年か前にポタリーで撮影したエクリプスポットの植栽
違うサイズでまとめていてインパクトがあるなぁと思っていました


EclipseについてCapterより

かなりモダンなデザインとも言えるこの鉢は、2002年にモダンクラシックを

試みて製作されました。

伝統的のデザインのスワグ&アカンサスポットのような鉢とは

明らかに別の世界を表現しています。

そのシンプルな楕円形は存在感が大きく、狭い底にもかかわらず、

植物を植え込むと完全に安定します。

モダンな建築物によく調和するエレガントな鉢と言えるでしょう。

表面の仕上げに、バラエティーに富んだ様々な手法が用いられるのも特長です。


2016年よりブログ村のランキングに参加することにしました。
よろしかったらクリックしてください。



人気ブログランキングへ

にほんブログ村 花・園芸ブログ イングリッシュガーデンへ
にほんブログ村


[PR]
by whichford-love | 2016-12-21 22:22 | フラワーポットの紹介 | Comments(0)

葉ボタンを使った冬の寄せ植え

d0229351_18320400.jpg
踊り葉ボタン 萌花ショコラ(モカショコラ)、ビオラ ヌーベルヴァーグ、
ヘリクリサム シルバースター、エレモフィラ ニベア、
シロタエギク シリウス

フラワーポットはデザインが素敵な
Tree of life (ツリーオブライフ)
d0229351_18321461.jpg
葉ボタンのモカショコラは落ち着いた明るい灰色を帯びた赤紫色
できるだけ色幅があるビオラのヌーベルヴァーグの中から近そうな色を
選びましたが一つしかありませんでした。
先日寄せ植えの教室を友人のお庭でしました。普段週1日働いている
お店の教室とは違った内容も話そうと思い寄せ植えを組み合わせる
上で大切にしていることをピックアップしまとめてお話を
させて頂きました。

その中の一つに色がありますが、鮮やかとか同系色とか
反対色とかだけではなく色が持つ印象を表す 
「色のトーン」を自然に注意深く選んでいるのかなと思いました。


春になるとエレモフィラニベア薄い紫色の花が咲き出すと
またイメージが変わりそうです。


〈ツリーオブライフのストーリー〉

背の高いロングトムですが、一風変わった平らな鉢の縁と
複雑な鉢底がこの鉢の魅力です。
この縁はティムール帝国のイスラム調焼き物(13~14世紀)
から影響を受けていると言われています。
この鉢のモチーフになっているたわわになった果物の木は
さらに古代にさかのぼるもので
初期の頃のキリスト教の教会建築シンボルとしても
しばしば使われました。(capter3より)

2016年よりブログ村のランキングに参加することにしました。
よろしかったらクリックしてください。



人気ブログランキングへ

にほんブログ村 花・園芸ブログ イングリッシュガーデンへ
にほんブログ村


[PR]
by whichford-love | 2016-12-14 19:05 | 寄せ植えの紹介 | Comments(0)

ワークショップ 募集のご案内

ウィッチフォードポタリーからSimon (サイモン)と
Charlie(チャーリー)が備前の第1回のアーティスト・イン・レジデンスと
して来日します。年始から2週間滞在して備前の粘土を使い
イギリスウィッチフォードのテクニックと融合させた作品作りを
行うそうです。

※アーティスト・イン・レジデンスとは各種の芸術制作を行う
人物を一定期間ある土地に招聘し、その土地に滞在しながら
作品制作を行わせる事業のこと。

期間中ワークショップも開催されます。
大阪から3時間少々遠いですが、またとない機会、岡山の観光と
合わせていかがでしょうか?
ウィッチフォードポタリーのオーナーも来日を検討中です。

d0229351_15183107.jpg

このときの作品は2月に陶芸センターの登り窯で焼成され、
希望者は作品を3月中旬イベント(後日案内予定)に
飾ることができるそうです。

2016年よりブログ村のランキングに参加することにしました。
よろしかったらクリックしてください。



人気ブログランキングへ

にほんブログ村 花・園芸ブログ イングリッシュガーデンへ
にほんブログ村

[PR]
by whichford-love | 2016-12-09 15:36 | ご案内 | Comments(0)

重要なお知らせです

詐欺サイトにご注意ください

先日、輸入元の本店ショップにお客様から40%OFFで
ウィッチフォードを販売しているのですが、本物ですか?と
問い合わせがあったそうです。


さすがに、40%OFFはおかしいと調べたところ、楽天市場より
詐欺サイトとのお知らせを受けました。
楽天でもこれらの被害が増えていて対応を協議している
ところだそうです。




正規代理店品という名前で楽天市場に出店しているサイトです
以下リンクします。
ガーデニングのページ6~7Pに出てきました。





2016年よりブログ村のランキングに参加することにしました。
よろしかったらクリックしてください。



人気ブログランキングへ

にほんブログ村 花・園芸ブログ イングリッシュガーデンへ
にほんブログ村


[PR]
by whichford-love | 2016-12-07 18:09 | ご案内 | Comments(0)

検索

外部リンク

ライフログ


コンテナガーデニング with ウィッチフォード


Flowerpots: A Seasonal Guide to planting, designing, and displaying pots


Container Gardening

ブログジャンル

住まいとくらし
花・ガーデニング

画像一覧