世界中の園芸家が愛してやまない、イギリスWhichfordPotteryのフラワーポットについて発信する個人ブログ


by whichford-love

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

カテゴリ

全体
英国におけるW.Fの役割
フラワーポット作成
フラワーポットの紹介
W.Fのポットに出会える場所
the courtyard garden
寄せ植えの紹介
Keeling pottery
その他
ご案内
Whichford 2014
未分類

以前の記事

2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 08月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月

<   2017年 08月 ( 2 )   > この月の画像一覧

ハムレットポット 多肉植物の寄せ植え 

シェークスピア誕生450周年記念ポット

2014年は英国劇作家、詩人でもあるウィリアム・シェークスピア
(1564−1616年)の誕生450周年にあたりました。
彼の故郷 ストラットフォード・アポン・エイボンはウィッチフォード
ポタリーと同じ英国中部ウォーリックシャーにあり、
シェークスピアは我々にとって親しみ深く、誇りでもあります。
今もなお世界中の人々を魅了するシェークスピアの代表作に
インスピレーションを受け、植物が含まれる台詞を引用して鉢を
デザインしました。(chapter3より)

Hamletハムレット(王家の陰謀、悲恋や復讐決戦の悲劇)
Act4 scene7
There is a willlow grows aslant a broom,That shows his hoar leaves
in the glassy stream.
小川の堤にヤナギの木が斜めに生え、その葉陰が水の流れに映っている

d0229351_15593225.jpg
背が低く、直径の広いフラワーポットに
アエオニウムなど多肉植物を混植したシンプルな寄せ植え
無造作にディスプレイされた、空の小さなポットが
植え込まれた大きな寄せ植えを引き立てています。

2017年7月 ウィッチフォードポタリーにて撮影


Hamlet
273 h15㎝×w28㎝ ¥8600 
274 h23㎝×w40㎝ ¥18600 
275 h30㎝×w52㎝ ¥33000 
276 h42㎝×w64㎝ ¥114800

(税抜き小売り希望価格 2017年現在)


2016年よりブログ村のランキングに参加することにしました。
よろしかったらクリックしてください。


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 花・園芸ブログ イングリッシュガーデンへ
にほんブログ村




[PR]
by whichford-love | 2017-08-13 16:10 | 寄せ植えの紹介 | Comments(0)

高校生の職業体験 at Whichford pottery

ウィッチフォードポタリーに滞在中、
W.Fの食器部門で働くスタッフの妹さんとアートに興味のある
高校生の2人が職業体験に来ていました。
それぞれ、違う高校から参加、2週間に渡り、様々な経験をしていました。
d0229351_22364330.jpg
写真はインスクリプション(文字や模様を彫刻すること)と呼ばれる
装飾の方法です。特別な道具を使って丁寧に粘土を削りながら
ポットにデザインを描いていきます。
d0229351_22364611.jpg
d0229351_22364963.jpg
黙々と彼女たちは作業に没頭して、2日がかりで仕上げていました。
d0229351_22365837.jpg
d0229351_22365163.jpg
別の日には モウルドと呼ばれる型を使った作品を作る
体験ワークをしていました。写真は貝殻の模様のポットフィートです。

様々なテクニックを体験することができ、2週間充実した期間であること
間違いなしです。 私が高校生だったらきっと、
ウィッチフォードポタリーを選んでいます。

2016年よりブログ村のランキングに参加することにしました。
よろしかったらクリックしてください。


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 花・園芸ブログ イングリッシュガーデンへ
にほんブログ村










[PR]
by whichford-love | 2017-08-12 23:00 | その他 | Comments(0)

検索

外部リンク

ライフログ


コンテナガーデニング with ウィッチフォード


Flowerpots: A Seasonal Guide to planting, designing, and displaying pots


Container Gardening

ブログジャンル

住まいとくらし
花・ガーデニング

画像一覧