世界中の園芸家が愛してやまない、イギリスWhichfordPotteryのフラワーポットについて発信する個人ブログ


by whichford-love

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28

カテゴリ

全体
英国におけるW.Fの役割
フラワーポット作成
フラワーポットの紹介
W.Fのポットに出会える場所
the courtyard garden
寄せ植えの紹介
Keeling pottery
その他
ご案内
Whichford 2014
セミナー
未分類

以前の記事

2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 08月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月

チューリップを取り入れたコンテナガーデン

今日はいろいろなチューリップが咲いている個性的な
コンテナガーデンを紹介したいと思います。
d0229351_20391755.jpg

昔ながらの黒いブロッチが入ったパンジーに同じ色目、朱赤の3種類の
チューリップがコーディネートされています。
高度な色の合わせ方ですが、同じデザインのサイズ違いのポットに植えられ
ることにより特別なディスプレイになっています。

2010T Ash Textured Eclipse h28㎝×w26㎝
2061T Ash Textured Eclipse h38㎝×w36㎝
2062T Ash Textured Eclipse h62㎝×w58㎝
2063T Ash Textured Eclipse h86㎝×w81㎝

Chapter3によると「かなりモダンなデザインとも言えるこの鉢は2002年に
モダンシックを試みて制作されました、、、、シンプルな楕円形は存在感が
大きく、狭い底にも関わらず、植物を植え込むと完全に安定します。
モダンな建築物によく調和するエレガントな鉢といえるでしょう
表面の仕上げにバラエティーに富んだいろいろな手法が用いられるのも
特徴です」と記載されています。
d0229351_20391066.jpg

すこし、ライラックいろがかかっているように見えるチューリップに
シックな色目のヒューケラ(葉)とパンジー上品な色目のコーディネート
です。後ろの寄せ植えの中にもピンクのパンジーが見えます。
廻りとのコーディネートも大切だと思います。

624C Trailing Leaf Pot h32㎝×w52㎝

Chapter3によると「鉢の口が広く、たくさんの植物を植えられる実用的な
鉢です。鉢全体を覆うのはつると葉が渦巻いたようなデコレーションで
数時間にわたる、緊張感につつまれた中での装飾によって完成します」と
記載されています。
d0229351_20392453.jpg

赤い軸の斑入りのサンゴミズキに赤いチューリップ
白いビオラが爽やかなコーディネートです。
d0229351_20392060.jpg

オレンジのチューリップにパープルのビオラ
反対色の個性的なコーディネートです。
d0229351_20392265.jpg

白いチューリップにムスカリラティフォリウムのパープル
オレンジのパンジーが爽やかなコーディネートです。
モミジはイギリスで人気の植物です。

写真提供 Whichford pottery
[PR]
# by whichford-love | 2011-11-10 22:03 | 寄せ植えの紹介 | Comments(0)

ご案内

ジム・キーリング氏来日

2011.11.23~26日まで、
大阪心斎橋大丸、神戸大丸のバラクライングリッシュガーデンで行われる
レクチャーでWhichford pottery社のオーナーシムさんが講師をつとめる
そうです。詳しくは
バラクライングリッシュガーデンのHP(ここをクリックしてください) をご覧ください。
[PR]
# by whichford-love | 2011-10-28 20:04 | Comments(0)

球根の名前のついたpotsその2

フリチラリアメレアグレス(Fritillaria meleagris)は1,2、4枚目の
写真に出てくるエンジ色の下向きに揺れている球根植物です。
d0229351_20283032.jpg

d0229351_20281537.jpg

d0229351_2028114.jpg

789Ash Fritillary Halfpot  H22㎝×W36㎝

こちらのアッシュフリチラリアハーフポットは
オーナーのジム・キーリング氏が3輪のフリチラリアノカメオ細工を
2代目アダム・キーリング氏がエレガントなハーフポットをデザインした
親子コラボレーションのフラワーポットです。

南大阪の園芸店で働いていますが、こちらのポットは売れ行きTOP5に
はいります。神戸、大阪市内と販売してきましたが、地域によって
ご購入される人気のデザインが異なるのでおもしろいです。
d0229351_2028197.jpg

こちらも人気のあるフリチラリアポット 
788Fritillary Pot H22㎝×W29㎝
784Fritillary Pot H26㎝×W34㎝
d0229351_20283890.jpg

こちらは小さめのタイニーフリチラリアポット。
Tinyとは小っちゃなという意味
790Tiny Fritillary Pot H17㎝×W15㎝
d0229351_21431694.jpg

d0229351_21431977.jpg

バイモユリ Fritillaria thunbergii
世界には約100種類もあるフリチラリアの仲間があるそうです。

別名:あみがさゆり。ゆり科 ばいも属
原産地 中国中央部。開花期3月
地味めな花色ですが、毎年元気にまだ寒い早春からつぼみが付き始め
春が来た!!って感じることが出来ます。木漏れ日でもO.K
少し多めにまとめて植える方がインパクトがあると思います。

Whichfordのモチーフのフリチラリアメレアグレス
(Fritillaria meleagris)は大阪では暑くて咲かせるのはやや難しいので
庭うえでバイモユリを楽しんでいます。

写真提供 Whichford pottery


2011年春号の園芸ガイドに連載中のイギリスガーデニングレポートで
Whichford potteryの球根ディスプレイが6ページにわたり美しい写真と
ともに掲載されています。

園芸ガイド 2011年春号

主婦の友社


[PR]
# by Whichford-love | 2011-10-22 21:52 | フラワーポットの紹介 | Comments(0)

ポタリーの近くにあるガーデンその3

ウィッチフォードポタリーから車で約30分にある
Bourton House Garden(バートン・ハウス・ガーデン)は
この’Container gardening'という本を購入した後ずっと行きたかった
ガーデンです。著者はこのガーデンのヘッドガーデナーをしていた人で
個性的な植物や絶妙な植物の組み合わせが見られました。
本の中ではたくさんのWhichford pottery社のフラワーポットを使った
寄せ植え
が掲載されています。

残念ながらこのガーデンを訪れたときの写真データーを
紛失してしまいましたが是非また訪れたいガーデンです。

2010年オーナーが変わり再び公開されているようです。
ホームページは日本語でも見られるのでこちらをクリックしてみてください。

Container Gardening

Paul Williams / Dorling Kindersley Publishers Ltd


[PR]
# by whichford-love | 2011-10-18 08:50 | その他 | Comments(0)

球根の名前のついたpotsその1

1度は春に訪れたいと思うWhichford pottery。
秋にたっぷりと植えられている球根を素敵なフラワーポットとともに
楽しむことができます。
d0229351_2113367.jpg

オレンジのチューリップと紫のビオラの反対色がとても目をひきます。

Renaissance Lilly pot (ルネッサンスリリーポット)
548    h30㎝×w33㎝
549bc   h53㎝×w48㎝

d0229351_20594185.jpg

d0229351_20594731.jpg

スイセン’サメロ’、原種系チューリップ’アプリコットジュエル’
咲きにスイセンが咲き、遅れてチューリップが咲いてきます
スイセンのデザインが側面にほどこされています。
Narcissi Pot
982  h25㎝×w39㎝
980c  h32㎝×w52㎝

スイセンは英国でもっとも人気のある球根、Whichford ではおそ咲きの
チューリップと一緒に植えて同じ鉢で2度楽しむことを提案しています。
幅の広い鉢は1度にたくさんの球根が植えられるように作られています。
側面はスイセンの型で丁寧に装飾されています。
写真はWhichford pottry提供

2011年春号の園芸ガイドに連載中のイギリスガーデニングレポートで
Whichford potteryの球根ディスプレイが6ページにわたり美しい写真と
ともに掲載されています。

園芸ガイド 2011年春号

主婦の友社


[PR]
# by whichford-love | 2011-10-13 22:01 | Comments(0)

検索

外部リンク

ライフログ


コンテナガーデニング with ウィッチフォード


Flowerpots: A Seasonal Guide to planting, designing, and displaying pots


Container Gardening

ブログジャンル

住まいとくらし
花・ガーデニング

画像一覧