世界中の園芸家が愛してやまない、イギリスWhichfordPotteryのフラワーポットについて発信する個人ブログ


by whichford-love

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

カテゴリ

全体
英国におけるW.Fの役割
フラワーポット作成
フラワーポットの紹介
W.Fのポットに出会える場所
the courtyard garden
寄せ植えの紹介
Keeling pottery
その他
ご案内
Whichford 2014
未分類

以前の記事

2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 08月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月

Pottery 2011

d0229351_22324756.jpg

この看板が見えるとWhichford poteryに着いた!今年もやってくることが
できたとテンションがあがります。駐車場の→に向かっていくと
d0229351_22342725.jpg

d0229351_2236469.jpg

Whichford potteryのロゴになっているハムハウスアーンに
植えられたコンテナガーデンを見つけることができました。
d0229351_22372898.jpg

車を置いて向かうとあのアーチがお出迎えしてくれます。
ここは季節ごとにディスプレイがかわり毎回楽しみです。6月中旬
まだまだパンジーがきれいでした。ブルーと白で色を抑え、
対に置かれたライム系のホスタとのコンビネーションが爽やかな
印象を受けました
d0229351_22433883.jpg

アーチをくぐってすぐ右にある建物はオクタゴン(ここをクリックしてください)と呼ばれるイギリスの作家さんのクラフトや陶芸、日本の作家さんの陶芸などいろいろな作品を見て購入できる楽しい空間があります。
d0229351_22564912.jpg

アーチの左側には今年の西武ドームにお目見えしたあの金の糸杉が
ありました。金の糸杉については以前のブログをどうぞ
(こちらをクリックしてください)

いろいろな場所にサイズ違いの糸杉をみることができました。
いまは色違い、セラミックなど素材ちがいの糸杉を作っていると新しい
プロジェクトなんだと笑いながら説明してくれました。

糸杉についてはハリエットのブログにも記載されていました
(こちらをクリックしてください)

2011年のチェルシーフラワーシヨウで Hillierのお庭に糸杉が
使われたようです。 
[PR]
# by whichford-love | 2011-07-08 09:34 | Comments(0)

2011年 W.Fのガーデンその1

W.Fのガーデンは前回のブログでご紹介したヘッドガーデナー
ハリエットさんが作ったコンテナガーデンや素敵な配色の
植栽で彩られています。驚くことにほとんどの植物は種や
挿し木で繁殖したものとのことです。バックヤードの温室には
小さなプラグ苗など出番を待つ植物でいっぱいです。
d0229351_2451481.jpg

ここ数年はほぼ同じ時期(6月半ば)に訪れていますが、
毎回配色が変わり、イメージの変わるガーデンです。
入ってすぐの配色はオレンジの濃淡、元気がでるビタミンカラーと
反対色のパープルが少し入っていました。
いつも思いますが色が与えるイメージ、インパクトは大切ですね。
d0229351_2473052.jpg

Pastry flowerpot(サイズは7段階あります)
鉢に施されたロープデコレーションは英国の陶芸家たちの間で
古くから愛用されている装飾でまだ鉢が柔らかいうちに
ろくろを回しながら指を使って手際よくウェーブ状にするそうです
ジムキーリングさんの初期からのデザインのひとつです。
d0229351_2482756.jpg

Frilly Lily (リムの部分がフリルになっているかわいいシンプルなポット)

今年、目にとまったコンテナガーデン
大型のフラワーポットに複数の植物を植えているものが多い中
シンプルにグラスとマリーゴールド。

<シンプル イズ ベスト>いろいろな寄せ植えを置いている
中で使いたいアイディアです。
[PR]
# by whichford-love | 2011-07-04 07:00 | Comments(0)

ヘッドガーデナーのブログ

先週末帰国しました。今年のイギリスの春はとても暖かかったらしく
いつもならバラが咲き始めているところですが、開花のピークが過ぎている
地域が多いように感じられました。
d0229351_4291744.jpg

イギリスに行くときは毎回楽しみに訪れているWhichford poterry
今年は6 月16日に訪れました。
平日に伺うのは6年ぶり週末は職人さん達がお休みなので工房内は
静かですが、今年は工房内をアダム・キーリング(ジムさんの長男)に
レクチャー付きで案内して頂きました。
内容は後日、順番にブログに掲載していきたいと思います。

ポタリーには素敵な小さなお庭がついています。
こちらはヘッドガーデナーのハリエットがお手入れをしています。
彼女の素敵なブログがあるのでぜひご紹介したいと思っていました。
今回ハリエット、ジムさんの了解を頂きご紹介リンクをする許可を
頂きましたのでぜひみてください。

こちらをクリックしてください
[PR]
# by whichford-love | 2011-06-30 07:00 | Comments(1)

イギリスへ

今日から2週間イギリスーフランスへ
Whichford potteryももとろん訪ねてきます
レポートは月末に
[PR]
# by whichford-love | 2011-06-09 07:00 | Comments(0)

Whichford potteryと多肉植物

タイトルにあるように、Whichford の工房を訪ねるとたくさんの多肉植物が
植えられたポットを見ることが出来ます。
ジム・キーリング氏は多肉植物が大好きらしいです。
d0229351_20976.jpg

大きなポットのすそに小さな多肉植物を植えたポットが
あしらわれています。
丁度、駐車場から工房に向かって入ってくると目に入るポイントに
置かれていました
d0229351_2092731.jpg

今では、バラクライングリッシュガーデン専属販売で見られる
黒のシリーズですが3年前ぐらいはまだ珍しかったものです。
クロホウシにゼラニウム、リシマキアインパクトのある
コンテナガーデンだと思いました。
d0229351_2093946.jpg

円盤のようなかたちのポット。砂利、玄関先など多肉を植えて
転がしておくとおもしろいです。
Spinning Jenny 532 幅22㎝×高さ12㎝小売り希望価格7140円
サイズは3段階あります。
d0229351_2010153.jpg

ポットに植えられた植物を集めたコーナー、寄せ鉢で一つの絵を
作っているようです。この中にも多肉植物がありました。
d0229351_20104597.jpg

ジム・キーリング氏作成の多肉を使った寄せ植え
乾いた異国の景色を表現しているようでした。
[PR]
# by whichford-love | 2011-05-23 20:29 | Comments(1)

検索

外部リンク

ライフログ


コンテナガーデニング with ウィッチフォード


Flowerpots: A Seasonal Guide to planting, designing, and displaying pots


Container Gardening

ブログジャンル

住まいとくらし
花・ガーデニング

画像一覧