世界中の園芸家が愛してやまない、イギリスWhichfordPotteryのフラワーポットについて発信する個人ブログ


by whichford-love

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

カテゴリ

全体
英国におけるW.Fの役割
フラワーポット作成
フラワーポットの紹介
W.Fのポットに出会える場所
the courtyard garden
寄せ植えの紹介
Keeling pottery
その他
ご案内
Whichford 2014
セミナー
未分類

以前の記事

2018年 11月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 08月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月

Ceramic Art Bizen in Shizutani 終了しました

このイベントを企画した 備前焼作家 石田和也さんは
ウィッチフォードポタリーでも研修をしたことのある作家さん



私の記憶が正しければ、ウィッチフォードポタリーの
オーナーJimが初めて来日した2005年、備前に立ち寄った
際、窯から立ち上る煙をたよりに向かうとそこは
人間国宝 伊勢崎淳先生の窯だったそうです。

当時、お弟子さんだった石田さんとJImが出会い
その後、修業を終えて英国に行くことになったそうです。


Bizen×Whichfordも参加した今回のイベントは
色々なジャンルと備前焼とのコラボレーションによる
たくさんの方々に備前焼の魅力が伝わる素敵な空間でした。


来られなかった方々にも内容が伝わるといいなと思い、
プロジェクトリーダーの石田さんに
イベントの内容をまとめたものの掲載の許可をいただきました。




d0229351_20564320.jpg

d0229351_20570196.jpg
d0229351_20565805.jpg

d0229351_20570585.jpg
d0229351_20570311.jpg

d0229351_20570768.jpg
イベントの内容をまとめた動画がアップされています。
facebookのアカウントがある方は見て頂けると思います。
2016年よりブログ村のランキングに参加することにしました。
よろしかったらクリックしてください。


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 花・園芸ブログ イングリッシュガーデンへ
にほんブログ村



[PR]
# by whichford-love | 2018-11-04 21:22 | その他 | Comments(0)

セラミックアート ビゼン イン 閑谷 情報

10月20日21日 備前焼まつりの特別企画
Ceramic Art BIzen in Shizutaniが開催されます。

ウィッチフォードポタリーからオーナーのジム・キーリングと
サイモン・ガーンが来日します。
http://ceramicartbizen.com/event.html
詳しくはイベントのH.Pをご覧ください。

Bizen×Whichfrodのオリジナルポット作り 
ワークショップのお席が少なくなってきました。

20日と21日の午後はキャンセル待ちとなりました。

d0229351_20395188.jpg
今年1月のワークショップの様子



d0229351_20391077.jpg
登り窯で焼くとそれぞれ個性的な作品に焼き上がります
d0229351_20393660.jpg
時にはメタリックな色合いになったり・・・・
d0229351_20394266.jpg
WFにも同じデザインの鉢がありますが、よりしっくりと焼き上がったりします

ご希望のサイズをお伝え頂くと、プレーンのポットをご用意いたします
お好きなウィッチフォードポタリーの型を使って
デコレーション。世界に一つのオリジナルのポットをお作り頂けます。

d0229351_20391927.png


21日午前中の多肉植物のワークショップも数席お席があります。

d0229351_20400116.jpg
焼成前ですが、こんな感じで鉢をご用意しています。



d0229351_20391709.jpg
イメージ写真
d0229351_20401146.jpg
イメージ写真です

d0229351_20392287.jpg
同時開催の備前焼まつりにも足をお運びください。

2016年よりブログ村のランキングに参加することにしました。
よろしかったらクリックしてください。


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 花・園芸ブログ イングリッシュガーデンへ
にほんブログ村












[PR]
# by whichford-love | 2018-09-27 20:56 | ご案内 | Comments(2)

セラミックアートイン ビゼン 閑谷のH.Pができました。

下をクリックしてください。
2016年よりブログ村のランキングに参加することにしました。
よろしかったらクリックしてください。


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 花・園芸ブログ イングリッシュガーデンへ
にほんブログ村




[PR]
# by whichford-love | 2018-09-13 07:32 | Comments(0)

Ceramic Art Bizen in Shizutani  ミーティング1日目

2018.24~25 備前

10月に備前焼まつりと同時開催のアートのイベント
CAB(Ceramic Art Bizen in Shizutani )の打ち合わせを兼ねて
備前へいってきました。

d0229351_10125125.jpg
d0229351_10125808.png

<生命>をテーマとした今回のイベントは長い年月引き継がれ
守られてきた歴史や文化・伝統が新たなジャンルと
コラボレーションすることで作り手の魂が入り込み
そこにしか存在しないものへと姿を変え備前焼のあたらな魅力が体感
できる構成になっています。

いろいろと異なる分野のプロフェッショナルな方々との
コラボレーションです。


今回わたしは、Bizen×Whichfordの作品展示の草花の装飾の
仕事以外にも寄せ植え・陶芸のワークショップなど
いろいろなお仕事担当のため、ミィーティングの前に
備前陶芸センターの生徒さんと一緒にでWFの型を使った
デコレーションの体験をさせて頂きました。
(生徒さんもこの日1日 勉強のために作業をしてくれていました。)

備前焼ではこのような装飾の仕方はあまりしないとか・・
d0229351_10112945.jpg



d0229351_10113817.jpg
WFでは粘土を先に入れて貼り付けるより、そのまま型を鉢に
つけて指で中から押す方法が一般的です。


d0229351_10351198.jpg
d0229351_10305778.jpg
d0229351_10115029.jpg

新しく、ジキタリスシリーズに四角い陶板がデビューします。
d0229351_10111424.jpg
d0229351_10111915.jpg
d0229351_10112589.jpg
上広がりのマグカップがメインで販売されるものですが、
違った形、モチーフがすこしまざっていますよ〜


d0229351_10352335.jpg
d0229351_10342522.jpg
夜はプロジェクトリーダーの石田和也さんのギャラリーで
ティーパーティーの後にミーティング

備前焼、Bizen×Whichfrod、Whichforの鉢 使っているとさらに
良さが体感できます。


ミィーティングの様子はメンバーの恭子さんのブログからどうぞ
下をクリックしてください
2016年よりブログ村のランキングに参加することにしました。
よろしかったらクリックしてください。


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 花・園芸ブログ イングリッシュガーデンへ
にほんブログ村

























[PR]
# by whichford-love | 2018-08-30 10:35 | その他 | Comments(0)

新作ポット

Summer collection2018と限定ポットを
秋の販売に向けて、輸入元がオーダーしてくれました。

d0229351_09342356.jpg

ハリー&メーガン ウェディングポット

ハリー王子とメーガン・マークルさんの結婚を祝福し、
ウィッチフォードのチームがデザインしました。
上品なアッシュテクスチャーの入った鉢のリム(縁)には、
To celebrate the marriage of
 Prince Harry and
Meghan Markle
 May 19th 2018」と刻印されています。
The Telegraph(デイリー テレグラフ紙)でも取り上げられました。

183 h15㎝×w28㎝ 9000円(小売り希望価格 税抜き)
184 h23㎝×w41㎝ 19600円

d0229351_09342570.jpg

RHSチェルシーフラワーショウ2018 フラワーポット

今年のチェルシーフラワーショウ

(毎年5月にロンドンで行われる、世界最高峰のガーデンショウ)を記念し、

主催者である、RHS(英国王立園芸協会)からの依頼で作られました。

ショウのロゴに使われたシャクヤクが、手彫りで表現されています。


386 h13㎝×w16㎝ 3900円(小売り希望価格 税抜き)

387 h19㎝×w22㎝ 5400円

388 h26㎝×w29㎝ 9000円


d0229351_09342185.jpg

イングリッシュローズ プランター

ウィリアム・モリスのデザインがインスピレーションの源。

浮き出た手彫りのバラが鉢の側面全体に織りなされ、

ピンクの模様になっています。


988P h24㎝×w42㎝ 22100円(小売り希望価格 税抜き)

989P h26㎝×w50㎝ 34400円


2016年よりブログ村のランキングに参加することにしました。
よろしかったらクリックしてください。


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 花・園芸ブログ イングリッシュガーデンへ
にほんブログ村



[PR]
# by whichford-love | 2018-08-23 10:05 | フラワーポットの紹介 | Comments(0)

検索

外部リンク

ライフログ


コンテナガーデニング with ウィッチフォード


Flowerpots: A Seasonal Guide to planting, designing, and displaying pots


Container Gardening

ブログジャンル

住まいとくらし
花・ガーデニング

画像一覧