人気ブログランキング |


世界中の園芸家が愛してやまない、イギリスWhichfordPotteryのフラワーポットについて発信する個人ブログ


by whichford-love

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

カテゴリ

全体
英国におけるW.Fの役割
フラワーポット作成
フラワーポットの紹介
W.Fのポットに出会える場所
the courtyard garden
寄せ植えの紹介
Keeling pottery
その他
ご案内
Whichford 2014
セミナー
未分類

以前の記事

2019年 09月
2019年 08月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 08月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月

セラミックアートビゼン in 閑谷 2019

今年もCeramic Art Bizen in 閑谷 2019 
-五感で愉しむ芸術祭- を開催致します。
セラミックアートビゼン in 閑谷 2019_d0229351_20194614.jpg


プロジェクトリーダーより


昨年、備前焼まつりと同時開催で行われたCeramic Art Bizen in 閑谷 (以後CAB) は、
初めての開催にも関わらず2日間で約1500人近い来場者、
又両日行われたワークショップでは全国から100人近い参加者がお越しになられました。
旧閑谷学校という歴史的建造物を舞台に備前焼の現代的な側面を打ち出し、
又、新たな分野とのコラボレーションで表現の幅を開拓するような取り組みを行いました。
(2018年、レポート http://ceramicartbizen.com/report.html )
(2018年、写真/動画 http://ceramicartbizen.com/gallery.html )

初の試みではありましたが、嬉しいことにその後の反響もよく、
お陰様で今年も引き続きCABの第二弾を開催する運びとなりましたので、
ご案内をさせていただきます。

私の思う伝統の強み、
それは、過去を引き継ぐことでもなくブランド力を誇示することでもなく、
継承されてきたからこそ新しい可能性に挑戦できることだと感じています。
技術を生かし芯を捉えながらも高いレベルで応用させることや、
過去を振り返りながら今の時代に寄り添えるよう生まれ変われる事だと思っています。
制限のある伝統の産地だからこそ、感じて考えて挑戦してというプロセスが特に必要だと思います。
必要な情報はネットで直ぐに検索のできる時代だからこそ
備前焼のような歴史の中で生きてきた伝統の中には文章や知識の概念には当てはまらない
大切な要素がたくさん詰まっていると信じているので、私自身何事も勉強させてもらいながら、
新たに創り変えていくことに対して前向きに考えられるようになりました。
今年のCABを企画、運営をするにあたり、不安なところは山ほどあるのですが、
後押ししてくれる方々と自分を信じて、制作チームと一緒になり、現在準備をさせていただいてます。

今年はサブテーマを-五感で愉しむ芸術祭- としました。
歴史の中でアートと備前焼の融合を感じてもらい、伝統文化を今の感覚でも
楽しめることに気づいてもらい、色々なコラボレーションを通して備前焼の
新たな一面を見て感じてもらえたらと願っています。

開催日時2019年 10月 19,20日 (備前焼まつりと同時開催)

イベント内容
・重要無形文化財の旧閑谷学校講堂内にフローリストとし
世界で活躍する杉本一洋さん(岡山)に、
現代的な備前焼作品をフラワーアレンジメントで彩っていただきます。
また、会場では空間x音のアートとして聴く (listen) 仕掛けを企画しています
※杉本さんの備前焼を使った公開デモンストレーションは 
10月20日(日) 13:00〜 講堂前、約40分予定で行われます。
セラミックアートビゼン in 閑谷 2019_d0229351_21521313.jpg
セラミックアートビゼン in 閑谷 2019_d0229351_21520728.jpg
昨年の様子


・史跡内の広場では、昨年に引き続きOxford大学と備前焼のプロジェクトで生まれたオブジェや、
寄せ植えされた備前焼ガーデニングポットの展示もアート作品として鑑賞(look)できます。
セラミックアートビゼン in 閑谷 2019_d0229351_21533232.jpeg
昨年の様子


・史跡外の芝生の広場では、昨年好評だった備前焼を使ったアフタヌーンティに加え、
-フードガーデン- としてこだわりあるレストランに協力をお願いし、
青空のもと備前焼で食事 (eat) ができる企画を考えています。
現地点の出店は、trees(カレー)、メカラウロコパンヤ(パン)、
マルゴ(コーヒー&フルーツジュース)、アフタヌーンティー(CAB)となっています。
セラミックアートビゼン in 閑谷 2019_d0229351_21360525.jpg
イメージ写真


・また、講堂をバックにお抹茶を初めての方にも楽しんでもらえる空間
-カジュアル野点茶席- を設け、選べるお茶碗で、
お客さん同士でもコミュニケーションの生まれるようなお茶席をご用意します。

・備前焼作品販売コーナーでは、CABに関わる作家の作品販売や、
これまでのプロジェクトで誕生したガーデニングポット/英国風食器の販売(find)があります。
また、今年の新たなコラボレーションとして備前焼と益子焼の伝統と技術を融合させた
プロダクションも制作(8月下旬)、登り窯で焼成(9月)、当日展示販売と予定しています。

セラミックアートビゼン in 閑谷 2019_d0229351_21511635.jpeg
・青少年センター内プレイホールでの制作ワークショップ(make)は、
今年もイギリスWhichford 工房から工房長のJimとロクロ職人のJoeがイベントの数日前から来備、
ワークショップ用のベースとなるポットを制作します。
WSお申し込みは9月7日よりスタート bizenwhichford@zoho.com にて
(詳細はbien x whichford のfbページでも告知していきます)
セラミックアートビゼン in 閑谷 2019_d0229351_21511053.jpeg
ポッターが作った鉢にデコレーションをしていただきます


データは、今年のポスターのデザインのものです。
お盆明けに印刷が完了しますので、告知、PRしていただける方々はどしどしご連絡ください。

長文、読んでいただきありがとうございます。
暖かい目で見守っていただけると幸いです。

石田和也




by whichford-love | 2019-08-14 20:25 | ご案内

検索

外部リンク

その他のジャンル

ライフログ


コンテナガーデニング with ウィッチフォード


Flowerpots: A Seasonal Guide to planting, designing, and displaying pots


Container Gardening

ブログジャンル

住まいとくらし
花・ガーデニング

画像一覧